鉄オタ選手権 阪急電鉄の陣・収録列車(その③・正雀駅で待つ編)

「鉄オタ選手権 阪急電鉄の陣」を追いかけ正雀まで来ましたが、車庫を回ってみると見つけたのはロケバスくらい。仕方なく正雀で発車時刻を待ちます。

正雀はホーム以外に車庫内を見やすい場所があります。それがここ、階段の下にあるエレベーターへの通路。改札からの下りエスカレーターが降りてくるばしょですが、改札からもホームからも死角なので通る人は少なめ。

窓にはガラスがあり、また鍵がかかっていて開かないのですが、ホームより京都よりの位置で見られます。しかも他に撮影者が誰も来ず、とても撮影しやすい!

ここから撮影すると白っぽくなるのはご愛嬌。白っぽいのが通路から、そうでないのがホームからと思っていただければ。

ただ、通路からも何も見えません。やはり左奥の車庫でしょうか。きっと、検査中の「京とれいん」なんかを見ているんでしょうねぇ。あるいは改造中の「京とれいん 雅洛」を見ているのでしょうか…

絶対に触れてはいるでしょうが、京阪の陣では放送数ヶ月前のプレミアムカーがモザイク処理でしたが、阪急の陣ではどうなるのか見ものです。

ところで、2枚上の写真に写っている建物はこの通路からであれば入り口が見えます。望遠してみると…

明らかに阪急社員とは思えない、スタイリスト?的な感じのする女性が立ち話をしております。単なる待機か、この建物にいるのでしょうか?

奥にはまたロケバスが見えています。

さてまだ発車まで間があったので下りホームで撮影などして暇つぶしをしていたのですが、20分ほどして上りホームに戻ると、1300Fが入れ換えをしだしました。

ホームより先に奥が見たいので通過中に通路に移動すると…

あ!女性の姿が消えている!これはいよいよでしょうか!?

そして、1011Fのヘッドライトが点いてるぅー!

ちょっとずつ前に動いてきたー!

入換の1300Fとの共演です。

乗降台のところまで前進した列車は停車し、ヘッドライトをつけたままテールライトも点灯させました。

そして、上の写真では側扉灯が1両目のみ点灯!非常コックでドアを開けたのでしょうか。

また阪急社員っぽくない人が建物に入り…

向こうに抜けて行きました。

そしてついに車両に人の出入りが開始!

慌ただしくなってきましたよ!

また入換で洗車機を通る列車を見ていたら…

ヘッドマークついてるぅー!

このアホ!よそ見してつける場面見逃した…

いよいよ出演者たちが現れる次回につづきます。


【関連項目】

ヘッドマークのメモ【阪急】鉄オタ選手権 阪急電鉄の陣

鉄オタ選手権 阪急電鉄の陣・収録列車(その①・送込を見る編)

鉄オタ選手権 阪急電鉄の陣・収録列車(その②・正雀の周りを回る編)

鉄オタ選手権 阪急電鉄の陣・収録列車(その③・正雀駅で待つ編)

鉄オタ選手権 阪急電鉄の陣・収録列車(その④・収録が見えた編)

鉄オタ選手権 阪急電鉄の陣・収録列車(その⑤・ついに発車編)

鉄オタ選手権 阪急電鉄の陣・収録列車(その⑥・十三折返し編)

鉄オタ選手権 阪急電鉄の陣・収録列車(その⑦・出演者を見る編)

鉄オタ選手権 阪急電鉄の陣・収録列車(その⑧・西宮車庫で収録編)

190131 鉄オタ選手権のついでに正雀車庫を観察


↑ページトップに戻る



関西の鉄道辞典
関西の鉄道撮影地メモ