撮影地メモ:萩之茶屋駅

■ ホーム・和歌山/高野山方

■ ホーム・なんば方


南海本線の撮影地一覧

南海高野線の撮影地一覧



 

ホーム・和歌山/高野山方

■南海本線・上り(なんば方面)列車

■高野線・上り(なんば方面)列車

■南海本線・下り(和歌山市方面)列車

【メモ】

特に南海線の上りに適している。南海線上りはホーム端からのみでなく、線路まで距離があるのでどこからでもホームが写りこみにくいのが強み。

南海線の下りは距離が線路ひとつ分近いのでホームが入りやすくなる。望遠伸ばせばホームを外せるはず。

高野線の上りは、角度的には問題ないが、機器箱が少し先の上下線の間にあるため、望遠だとどうも気になる。引いてしまえば存在感は低下するが、足下にかかるのは同じ。

・撮影方向:
・ 備考 :屋根まで1両分


↑ページトップに戻る



 

ホーム・なんば方

■南海本線・上り(なんば方面)列車

■高野線・上り(なんば方面)列車

■南海本線・下り(和歌山市方面)列車

■高野線・下り(高野山方面)列車

【メモ】

南海線の上りは逆側と概ね同じ。

南海線下りが特に撮影しやすい。ホーム端の真ん中からは遮るものが少なく、許容人数も多い。新今宮を出たばかりで速度が遅く、1/500でもLEDが切れる12000系の撮影にも優しい。

屋根から近いので屋根下で待っていてもすぐ撮れる。撮るのに躊躇うほどの雨や端が人で溢れるなら、ホームの線路側でも良いが後ろから列車が来るので注意。

高野線下りはほぼ正面から駅手前で頭を振る。3-4両が限界か。

なお屋根の中心線付近からは雨漏りする場所がある。

・撮影方向:
・ 備考 :この駅では白線の内側に下がるようアナウンスされている

↑ホームに足跡のようにつく濡れた部分はいずれも雨漏り



↑ページトップに戻る



南海本線の撮影地一覧

なんば – (今宮戎) – 新今宮 – (萩ノ茶屋) – 天下茶屋岸里玉出粉浜住吉大社住ノ江 – 七道 – 石津川諏訪ノ森 -(駅間)- 浜寺公園 -(駅間)- 羽衣 – 高石 – 北助松 – 松ノ浜 – 泉大津 – 忠岡 – 春木 – 和泉大宮 – 岸和田 – 蛸地蔵 – 貝塚二色浜 – 鶴原 – 井原里 – 泉佐野 – 羽倉崎 – 吉見ノ里 – 岡田浦 – 樽井 -(駅間)- 尾崎鳥取ノ荘 – 箱作 – 淡輪 – みさき公園 -(駅間)- 孝子和歌山大学前 – 紀ノ川 – 和歌山市 – 和歌山港

羽衣 – 伽羅橋 – 高師浜

南海高野線の撮影地一覧

難波今宮戎新今宮萩ノ茶屋天下茶屋岸里玉出帝塚山 -(駅間)- 住吉東 – 沢ノ町 – 我孫子前 – (駅間)- 浅香山堺東三国ヶ丘百舌鳥八幡中百舌鳥 (>>泉北線) – 白鷺 – 初芝 – 萩原天神 – 北野田 – 狭山 – 大阪狭山市 – 金剛 – 滝谷千代田河内長野 – 三日市町 – 美加の台 – 千早口 – 天見 – 紀見峠 – 林間田園都市 – 御幸辻 – 橋本 – 紀伊清水 – 学文路 – 九度山 – 高野下 – 下古沢 – 上古沢 – 紀伊細川 – 紀伊神谷 – 極楽橋