20201002、鶴橋駅から201系が消える…(鶴橋駅にホームドア本体が設置される:その3)

消えたのは、ホームに描かれたイラストです。2020年10月2日、鶴橋駅内回りホームにホームドアが出現しました。これに合わせるかのように、その直前、残存していた201系のイラストが消えてしまいました。


この前の記事は

20201002、鶴橋駅にホームドア本体が設置される(その1)

20201002、鶴橋駅にホームドア本体が設置される(その2)

のつづきです。

鶴橋駅ホームドア工事については以下の記事もご覧ください。

大阪環状線・鶴橋駅に謎の囲い…ホームドア設置工事用の設備が登場?

大阪環状線・鶴橋駅に登場した囲いはやはりホームドア工事用!

鶴橋駅のホームドア工事に進展!外回りホームにも作業スペースが登場する

鶴橋駅のホームがちょっとだけ削られている件

200527 鶴橋駅のホームドア設置工事に進捗

鶴橋駅のホームドア工事、外回りホームにも変化が(6月編)


2019年の201系撤退から約1年の間、残っていた201系の名残。それが

このステッカーです。

階段の脇の注意喚起として残っていたもので、2つ向かい合わせでありました。

それが2020年9月25日ごろ、下のように片方のステッカーが養生で塞がれてしまったのですが…

それでも、もう片方は残っていました。

養生シートの上に新たに貼られた注意喚起シートは323系のもの。

なぜか異様に色あせたステッカー。どこかで使ったもののリユースなのでしょうか?

さらにそれが9月28日…

ああっ!

なくなってるよ!

「女性専用車」のステッカーから点字ブロックを挟んで線路側にあった201系のステッカーが、黒いシートで覆われています。
代わりに、横に321系の真新しいステッカーが。

ちなみに、色あせたステッカーも何故か剥がされ(しかも黄色い斜線が敷きなおされている)、点字ブロック内側に改めて真新しいものが貼られていました。

いつか消えると思ったけど、ついに消えたかー、と感慨深いですね。

それにしても、こうなってくるといよいよ、乗車位置目標に「〇」が残っているのがなぜなのか、気になります…

ご覧いただきありがとうございました。


↑ページトップに戻る