旧・東青山駅を探訪。霧深き山中へ踏みこむ(その1)

45年前に廃された近鉄大阪線の旧・東青山駅跡。目算どおり駅跡の近くに車を停める場所を見つけ、数分の歩きで楽々到達…のはずが、まさかの事態に困惑する羽目に。ここまできて…どうしよう?

これは旧・東青山駅を探訪。山中の廃駅へ向かう(その0・序)のつづきです。


【東青山シリーズ】

旧・東青山駅を探訪。山中の廃駅へ向かう(その0・序)

旧・東青山駅を探訪。霧深き山中へ踏みこむ(その1)

旧・東青山駅を探訪。ガケ崩れを越えて…(その2)

旧・東青山駅を探訪。ついに幽玄の廃駅に到達(その3)

旧・東青山駅を探訪。変電所の廃墟へ…(その4)

旧・東青山駅を探訪。発見、廃変電所(その5)

旧・東青山駅を探訪。廃変電所の探検(その6)

旧・東青山駅を探訪。廃変電所


ということで3月10日、小雨降る青山高原の山中にT氏と私とはいました。

以前見たバイクの車載動画では駅跡の前から数百m急坂を下ると垣内川を渡る橋に出て、その脇にわずかにスペースがあるようでした。そこから国道まては比較的アップダウンが少ないはずなので、この橋脇まで車で行って駐車する目算でした。

果たして、目的の橋を発見。

こちらがその場所。転回もできそうです。T氏は早くも前進。ちょっと待ってぇ。

上がここまでの道。最後の方は道の状態がそれはど良くないですが、普通乗用車ならば問題はありませんでした。

改めて駅方向。橋だけちょっと幅広。そして霧が濃い…

橋から上流を見ます。砂防ダムによる滝が二段であります。雨のためなのか水量多し。

橋を渡ると、いきなりカーブした急な坂道が始まります。これに合わせて舗装もコンクリートに変化。

橋の方を見ます。あっという間に5mくらい上がりました。

ひとつめのカーブ。カーブが急なこともあってカーブ内側の斜度は相当。

しかも苔むしているので滑りやすいです。

カーブ曲がったらもうこんなに。林道企画の駅前大通り。

川の方はあまり樹木で視界が効きません。そして霧で奥の見通しも効かず。

このあたりから、滝の音が別の方角から聴こえてきました。

少し行くと、樹木の間から見えて来たのが…

うお!なんだこれ!

トンネルから水が溢れて滝になっている!

「あれ、近鉄のトンネルとかじゃないですよねぇ?」

「さすがに小さすぎるでしょう。あの上を越えるんじゃないですかね」

呑気な応答は、正解でした。

いや、正解だったというべきでしょうか。

よくよく見ると、トンネルの左側が明らかに欠けていて…

T氏「え?あれ?」

「どうしました?」

T氏「いや、あれヤバくないですか?」

この時点でまだ私は状況をよく理解していませんでした。

しかし、ようやく把握します。

「おい…うそだろ…」

T氏「これ、道、無くなってますよね?」

東青山駅への道は、スッパリと崖崩れで虚空に消えていました。水を吐き出すトンネルの上が道の続き…

唯一の道が断たれた我々が取った手段は…

旧・東青山駅を探訪。ガケ崩れを越えて…(その2)に続きます。


【東青山シリーズ】

旧・東青山駅を探訪。山中の廃駅へ向かう(その0・序)

旧・東青山駅を探訪。霧深き山中へ踏みこむ(その1)

旧・東青山駅を探訪。ガケ崩れを越えて…(その2)

旧・東青山駅を探訪。ついに幽玄の廃駅に到達(その3)

旧・東青山駅を探訪。変電所の廃墟へ…(その4)

旧・東青山駅を探訪。発見、廃変電所(その5)

旧・東青山駅を探訪。廃変電所の探検(その6)

旧・東青山駅を探訪。廃変電所


↑ページトップに戻る