大阪環状線・京橋駅のホームドアがついに稼働。あれ?なんだこれ(前編)

2019年10月5日、大阪環状線・京橋駅内回りホームに設置されていたホームドアがついに稼働をはじめました。103系・201系の引退によって3ドアに統一された大阪環状線ですが、ついにその目的が成果となって現れました。その様子です。


京橋駅は現在リニューアル工事の真っ最中ですが、内回りホームには9月にホームドアが設置されていました。

それが10月5日稼働する旨のアナウンスされておりました

写真・動画は10月6日に撮影したものですが、予告通り10月5日に稼働を開始しています。

動画の最後に写っていますが、ホームの大阪側は少しスペースがあり、金網で端部分が封鎖されてしまいました。

あれ、これじゃもう外回り列車の撮影はかなりキビしいですね…

ところで見ていて気になったことが…

なんか、途中でホームドアがナナメになってません?

この2両目1番めのドア、両側の扉はちょっと角度がついて向かい合っており、ツライチになっていません。

そしてその隣でも逆向きに角度がついていて、1両分くらいホーム内側にズレています。

下写真を見てください。あれに目立つは「♪京橋は ええとこだっせ グランシャトーが おまっせ」

…ではなく、ホームドアがナナメになっているのがお解りかと思います。

うーん、なんででしょう?

古い駅なので基礎が弱くて仕方なく?まさかの施工不良?

その理由は、後ろ側に写ってなんとなく解ったのでした。でも別の謎が発生したりして。後半に続きます。


↑ページトップに戻る