181215 8年ぶり運転の信貴線直通の臨時準急に乗る(その3)

2018年12月15日、8年ぶりに運行された、上本町発信貴山口行きの臨時準急。

これに乗車して信貴山口まで乗ったのですが、終着駅に着いたあと、折返しまでの間にちょっとした波乱が…乗務員さんも苦笑い。

181215 8年ぶり運転の信貴線直通の臨時準急に乗る(その1)はこちら


こちらは信貴山口についた臨時準急。頭端式ホームなので束の間の撮影会。

臨時準急のサボを後位側から外した乗務員が、前位側も外し…

ちょっと硬いのか、もう一枚を持ち直して…

取れない…

別の乗務員にもう一枚を預けて、こんどは両手で…

取れない!

かなりハマりこんでいたようで、アレコレやってやっと取れた次第。

元々4分しか折り返し時間がないとこに、2-3分の遅延気味で信貴山口に到着、さらに降車に時間がかかっており、サボがようやく外れた時には既に発車時刻。

発車アナウンスに慌てて乗るも、列車は一向に発車する気配がありません。

運転士が前方でなにやら言っているので様子を見に行くと…

幕回しの最中でした。

「白幕から折り返しまで時間かかんのー?」

「回送からはけっこうかかりますねー」

「1分くらいかかるんか?」

「そうですねー」

まさかの幕回しに時間かかりすぎ問題。

様々出てくる幕。

さながら幕の展示会ですが…

約1分後、ようやく幕が信貴線折り返し幕になりました。

幕回しが終わるまで出せないとは、規則があるんでしょうが律儀。もし次回があるなら、運用はLED車になるかもしれませんね。シリーズ21は信貴線に入ったことが無いらしいので是非…!

この次はラスト、その後の様子です


↑ページトップに戻る