181215 8年ぶり運転の信貴線直通の臨時準急に乗る(その2)

2018年12月15日、8年ぶりに運行された信貴山口行きの臨時準急。鶴橋から八尾までのその1に続き、八尾から信貴山口までの乗車記です。

走行中の車内より、

↑裏側からヘッドマーク。

↓車掌台に行路表?

寄ってみるとダイヤが読み取れました。詳しくはダイヤのメモ:【近鉄】信貴山口行き臨時準急にて。

また隣には放送用のカンペ?と思ったら安全標語でした。

ところでこちらは八尾駅に到着したところを車内でから。

すごい撮影者の数です。この手前、俊徳道2号踏切などにもいました。

河内山本を過ぎて服部川との間でも…

ここは晴天なら側面は影ですが、曇りだったのが幸いしましたね。

あちこちにカメラ、カメラ。

服部川駅を出ても、信貴山口2号踏切やその隣の勝手踏切にも…

条件はそれほど良くなさげな陸橋にも。

列車が信貴山口につくと、信貴山口4号踏切にいた撮影者たちが、アコーディオンカーテンのように広がって撮影。到着したところを撮りたいのは成る程、でしたが余りにスムーズに展開したので思わず吹き出しました。

そんなこんなで信貴山口に到着した準急。走行じたいは順調でしたが、八尾と山本で停車時間がかかって延発したため2-3分遅れでした。

布施に続きここでも撮影する助役さんが。やはり報告が必要なのでしょうか。

短い旅を終えた臨時準急。

この列車は折り返し通常運用の普通となり、山本で通常運用の車両と入れ替わり回送となります。

しかしその折り返しにミニ波乱が。その3に続きます。


↑ページトップに戻る