撮影地メモ:錦~京阪膳所(その1)

■滋賀大道踏切

■錦2号踏切

■馬場南町踏切(その2に掲載)

■堂の川踏切(その2に掲載)

■膳所駅前踏切(その2に掲載)


京阪石山坂本線の撮影地一覧


 

滋賀大道踏切

◆北側から石山寺方向

◆北側から坂本方向【後追い】

◆南側から坂本方向

【メ モ】

錦駅の西方にある小さめの踏切。

てっきり「滋賀・大(きな)道」だと思ってたが、これを書いている途中に「滋賀大(学)・道」なのではないかという気がしてきた。交差する道を通り北側すぐの場所にある滋賀大附属中・小・幼は元々1903年より滋賀県師範学校、1943年より後身の滋賀師範学校の校地で、同校が1949年に滋賀大学学芸学部となったのち1959年に現在の石山に移転するまで使用されていたらしい(学芸学部は1969年に現在の教育学部に改称)。
1949年より前は「師範学校道」みたいな名前だったのだろうか。

・撮影方向:
・ 備考 :

◆北側から

石山寺方向 坂本方向

◆南側から

坂本方向 石山寺方向



↑ページトップに戻る



 

錦2号踏切

■北側から石山寺方向

■北側から坂本方向【後追い】

■南側から坂本方向

【メ モ】

・撮影方向:
・ 備考 :

■北側から

石山寺方向 坂本方向

■南側から

坂本方向 石山寺方向


小学生の量がすっごい。通学の足なんだなぁ。
ただ夕方に錦を発車する列車は常に遅れ気味。


撮影当時は邪魔だな、と思っていたけど、今となってはこれも貴重かも…


民主党の街宣車が停まっていた駐車場は、ゼンセン同盟の会館裏であった。錦駅付近からこの付近まではやたらと左派系団体の建物が多く、滋賀における一大根拠地なのだろうか。ゼンセンといえば、近江絹糸労働争議事件はあまりに会社側の奴隷契約が酷かったので珍しく組合が完全勝利した事件らしい。


↑ページトップに戻る



京阪大津線(京津線・石山坂本線)の撮影地一覧

石山寺 – 唐橋前 – 京阪石山 -(JR石山)- 粟津 – 瓦ヶ浜 – 中ノ庄 – 膳所本町 -(駅間①)-(駅間②)- 錦 -(駅間①)-(駅間②)- 京阪膳所 -(駅間)- 石場 -(駅間)- 島ノ関 -(駅間)- びわこ浜大津 -(駅間)- 三井寺 -(駅間①)-(駅間②)- 大津市役所前 -(駅間)- 京阪大津京 -(駅間)- 近江神宮前 -(駅間)- 南滋賀 – 滋賀里 -(駅間)- 穴太 – 松ノ馬場 – 坂本比叡山前

御陵 -(駅間)- 京阪山科 -(駅間)- 四宮 – 追分 – 大谷 -(駅間)- 上栄町 -(駅間)- 浜大津