阪神本線で8両運転へ?魚崎駅ホーム延伸工事の様子(12月・上り線高架化でいよいよ本格化)

2019年11月30日、阪神芦屋~魚崎が高架化されました。魚崎上りホームの延伸工事は上り仮線の都合で途中で止まっていましたが、これが高架化でどうなったのか。行って見てきました。


阪神本線で8両運転へ?魚崎駅ホーム延伸工事の様子(11月・下りホームはほぼ完成)」のつづきです。

こちら、魚崎下りホーム側から見た上りホームです。

おお、1ヶ月前からすると、ホーム外側に足場が出現しました。

下が1ヶ月前の状況で、信号機が立っていたりします。

信号機の柱はまだ残っていますが、信号じたいは外されていますね。

下が延伸部分全景。

下りホーム側は1ヶ月前から変わりないように感じます。

高架線を行く5000系。

いずれ5000系もなくなるでしょうし。これはこれで記録として大事ですね。

上りホームに移ります。

ホーム端は工事用の幕と監視員がいました。しばらく下り列車を撮影するのは無理ですね…

とはいえ大きく動き出した魚崎上りホームの工事、いよいよ完成が近づいてきた気がしますね。

次はまた1ヶ月後、「阪神本線で8両運転へ!魚崎駅ホーム延伸工事の様子(1月・上りホーム構築が進む)」に続きます。

ご覧いただきありがとうございました。


↑ページトップに戻る