大阪環状線201系、運用終了から2週間経っても森ノ宮。しかも通電?(その1)

2019/6/7に大阪環状線から撤退した201系。それに先立つ5/31にはUSJラッピング車も運用終了しました。しかしそれから2週間。まだ森ノ宮に2編成いるのです。


環状線201系は5月31日にUSJラッピングの2編成が引退、その後1週間オレンジ編成がぐるぐるしたのち、6月7日に大阪環状線での運用を終了。

しかし、USJラッピングのうち、ハリーポッター車両については早々に吹田に送られたものの、残2編成については5月31日から2週間経った14日も未だ森ノ宮にいるのです。

大阪城公園駅の窓から見たのがこちら。

USJ・ユニバーサルワンダーランドのラッピング車は洗浄線の隣に留置されています。

洗浄線を、ハローキティ323系が往復していきました。

キティ同士の貴重なすれ違い…201系のキティが手を振っているのが物悲しい…

この車両、行き先表示は消えてます。

車内も暗いのですが、パンタは上がっています。

でも、どうもこの車両、遠目ではありますが、機器の作動音が聞こえるような…

セミの鳴き声のようですが、201系から聞こえて来るような気がするんですよねぇ。ちゃんとしたガンマイクが無いとな…

いつまで居るのかはわかりませんが、大阪城公園駅ホームの中央くらいの窓から見やすいです。この時期は雨でなければ窓が空いている事が多いです。(森ノ宮側は221系が停まっていて隠れていることが多いような…)

このあとは、最後のオレンジ編成を見に森ノ宮へ。

つづきます。

→ 大阪環状線201系、運用終了から2週間経っても森ノ宮。しかも通電?(その2)


↑ページトップに戻る