180809 大阪環状線・鶴橋駅にある謎の階段(その2)

その1からの続きです。

環状線ホームにある謎の階段。

乗り越えるのはあまりに容易な高さの柵しかないですが、西改札口から出て近鉄の南側に向かいます。

すると…

渡り廊下っぽいものがありました。上の写真天辺に斜めに入った影は近鉄の高架です。近鉄の高架から5mくらい離れていますが、だいたい場所的にも合っています。何度かこの辺で焼肉食べてるけど、全く気づかなかった…

南側から北側を向いて。やはり渡り廊下のようで、電気も点いています。たしか以前に左の黒い店で焼肉(略


渡り廊下と階段が接続する部分には、建物がありました。階段がそもそもこのビルと一体化しており、さらにここから渡り廊下が伸びているようにも見えます。

駅の西側から見たところ。青いラインがあるところが環状線のホーム階で、窓はセブンイレブンがあるあたり。駐輪場で見にくいですが、その裏側のビルに斜めのラインが見えました。

左は近鉄の線路。道路1本分の隙間。

渡り廊下の東側はまたも環状線の高架と一体化したビルに刺さっています。ただそこからさらに何かがあるようには見えません。


こちらは近鉄ホームから見える渡り廊下。

両側の建物に渡り廊下が刺さっています。


ところが、元の通路に戻ってみると、気になるものが。

「この場所は      
  JR西日本用地内    
につき駐車禁止です。

臨時荷物の      
    搬出を行います

   JR西日本 鶴橋駅長

シャッターの前に置かれた看板が答えを表しているようにも思えます。どうやら、渡り廊下の先はここへつながっているようですね?

しかし、「臨時荷物」っていったいなんなんでしょうね?


ちなみにこの階段は内回りホームだけで、外回りホームは広いホームを埋めるように店がつくられており有無を確認できません。


この階段の正体は…?

ネットで調べても言及するサイトや画像を見つけられないんですよね…

階段の立派さ(内外ホームから降りる階段では一番広い)を考えると、例えばシャッターの向こうにかつて改札があり、そこへの通路だったりするのでしょうか?

そういえばホームに非常口の表示がありましたが、非常口を兼ねているとしたら…内側からしか開かない機構がシャッターにあるのでしょうか…いや、もしかしてこのシャッターのカギは…

謎は深まるばかりです。


鶴橋駅ネタは続きます


↑ページトップに戻る