190819 阪急京都線で人身事故、特急・準急が「桂」行きで運転される(その2)

2019年8月19日、阪急京都線は大宮駅での人身事故のため、桂~梅田の折返し運転に。その様子を梅田で撮影しました。珍しい光景多数でしたが、混乱からちょっと好ましくない出来事も…

十三で撮影した190819 阪急京都線で人身事故、特急・準急が「桂」行きで運転される(その1)のつづきです。


十三から梅田に移動しまして、着いたのが15時前。発車標は以下のようになっていました。

特急がまるまる運休となったわけではなく、車両がないので一部運休となっておりました。人身事故が起きたのは13:43なので、特急は烏丸に梅田行きが停車中、河原町に河原町行きが到着したころ。さらに13:45桂着の特急が桂に入ってしまっていたとしたら、河原町~桂に3編成閉じ込めの可能性がありますので、足りなくなる時間帯もあるでしょうね。

準急桂行きが到着しました。平常ダイヤでは梅田0:00の最大週5本のみなので、昼に見るのはレアですね。

ほぼ平常どおり運行の普通・高槻市が発車すると、こんどは特急が表されました。

十三でもそうでしたが、準急は停車駅表示があるものの特急はありません。準急は平常ダイヤで設定があるものの、特急は存在しないためでしょうか。

桂がこんなに並ぶとは。土休日だったら快速特急・快速特急Aが載った可能性もあるんでしょうか。それとも打ち切りですかね?

1号線に次発・特急・桂・15:10発、3号線に先発・準急・桂・15:06発が表示されています。

駅ホームのアナウンスでは、しきりに「茨木市・高槻市へは準急が先に発車します」とアナウンスをしていました。

アナウンスでは、しきりに「茨木市・高槻市へは準急が先に発車します」とアナウンスをしていました。大事なのでもう一度書きました。

さて、15:07、すでに発車時刻はすぎていますが、ようやく3号線に先発の準急がやってきました。

と、3号線にやってきた先発の準急は、8300系リバイバル装飾編成!

おおお、入線時の桂行き表示が撮りたい!間に合え!

あああ、ギリギリ桂表示間に合わず…

後ろ切れてるし…

と、思ったらホームに着いたら河原町行きになっていました。なーんだ、失敗しても関係なかった。よかったよかった。

じゃなくて、はじっこに写っている駅の案内表示は桂のままですが…どっち?

と、思ったらまた幕回しをはじめました。

けっきょく、桂行きになりました。

15:12、特急も同じように発車時刻から2分ほど遅れてやってきました。

こちらはLED車なのですでに桂行きを表示してくれています。

勝ったッ!第三部完!

それにしても9300系の「桂」一文字はとりわけ違和感ありますねー。

ということで、特急・桂行きと準急・桂行きが並んでくれました。

そうなんです。15:13の時点でも実は先発・15:06発だった準急は発車しておらず。

それどころか…

「発車順序を変更しまして、特急が先に発車します!」

えー、マジですか。

さっきまでずーっと「高槻市へは準急が先」って言ってたじゃない…

うわ、発車標も特急が先になってる。

3号線の準急からわらわらと1号線へ駆け出す人たち。もともと振替に移っているのかあまり混んでいませんでしたが、茶屋町改札の通路で4-5人は走っていました。

で、特急は15:15には発車。気づかなかった人、間に合わなかった人、いそうだなー。

自分はおかげさまでゆっくり8300系を撮ることができたんですどね…

ちなみにこの準急・桂が発車していったすぐの15:17ごろ、河原町~桂の運転再開となりました。

平常のようにもどった発車標です。

私は割と満足した1時間だったんですが、最後の出来事は客だったら怒ってただろうなあ。

運転再開も近かったし列車のやりくりの都合など何がしかの理由があったんでしょうが、もう少しなんとかならんかったんだろうかと思った次第です。

ご覧いただきありがとうございました。


↑ページトップに戻る