阪神本線で8両運転へ? 武庫川駅ホーム延伸工事(11月編下りホーム・新しい屋根が見え始める)

阪神が快速急行の8両化に向けて工事を進める、武庫川駅のホーム。下り側の通路は10月に新しい屋根を支える柱が立っていましたが、それから1ヶ月経ってどうなったでしょうか…?上りホームに続いては西宮側駅舎から下りホームに向かいます。


ということでホーム延伸部分の端にあたるスロープにやってきました。

お、なんかあるぞ。線路と反対側の自由通路の上に足場が組んであります。

上りホーム側から見るとこんな感じです。

望遠で覗いたら注意書きが貼ってありました。

もう一度さっきの画像ですが、足場のある場所も屋根は従来の膜屋根が続いて…

と思ったら、突然膜が途切れて!

奥に真新しい屋根が出現!

ちょうど屋根に登りやすいような位置に足場が。

ホーム側から見ると下のような感じ。

今は膜屋根がある部分も、次の日には後退していたりするんでしょうね。

現在のホーム端部から、延伸工事中の部分を見ます。

新しい屋根に、古い屋根の枠だけ残っています。

緑がかっている屋根が近鉄対応延伸部分の屋根、白っぽいのが今回の新しい屋根。

柱と梁がからみあっています。

通路の入口には武庫川線の発車案内がありますが、膜屋根を支える梁に下げられています。

新しい柱にはどう据え付けられるんでしょうね?(12月に)判明します

円弧状の枠だけ残っているのも、それはそれでカッコ良いような。

上下ホームの工事風景です。

改めて上りホーム側から下りホーム側の様子を見ると…

↓膜屋根が外された尼崎寄りの部分。

↓中央部分

↓西宮側の、まだ膜屋根がある部分。足場もちょっと見えます。

柱が屋根を突き破って、その上にまた屋根がある光景。

三段階の高さがある屋根。

そして、下りホーム側の作業台を見てみます。

突然夜になりましたが…今回はこちら側も資材が大量に置いてあります。

夜になったのは、魚崎や今津を見て戻ってきたからです。

通路の上にせり出す用に足場があります。

こんな工事風景あんまし見ないゾ

まるで片洞門みたい。

現在のホーム部分になると、足場は終わります。橋の上で全てが完結するための強引さが、いい。

最後は6両停止位置の阪神車と、いつか無くなるであろう5000系。

このあとは、12月の様子になります。

ご覧いただきありがとうございました。


↑ページトップに戻る