阪急神戸三宮駅・駅ビル工事の様子(2019年6月)

「梅田」「河原町」の駅名変更が発表されましたが、一足先に変更された神戸三宮駅では駅ビルの建て替えが進んでいます。車内からチラリと工事中の様子が見えますが、ホームの雰囲気は大きな変化はありません。では改札がどうなっているかというと…


阪急神戸三宮駅。東改札口を出ると、違和感が…

改札脇にあった自動券売機エリアがない!

白い工事壁で覆われていました。しかし、この壁も鉄板感ではなく壁紙様のものを貼っているあたりが阪急なんでしょうか。

壁には案内物がいろいろ貼ってあって…

お知らせも。

では券売機はどこにあるかというと、向かい側のJR改札方に仮設で移っていました。

この券売機がある場所って前はなんでしたっけ?エスカレーターがあったような?あとは、阪急オアシスへの通路とかでしたっけ?

奥は地下鉄・フラワーロードへの出口に向かう階段。ただ位置は改札から遠ざかったような気がします。降りたところにはブックファーストがありましたね。

この階段、一部は完成後の内壁になっているようで、真新しい装飾されたアーチ柱のような形になっていました。

階段を降りると…おお、なんじゃこりゃ。

まあ良くも悪くも阪急感が強いですね。地下鉄への階段は位置は同じと思われますが、昭和感がすごかった以前とは全く別の雰囲気に。

超高層オフィスビルにありそうな雰囲気。

地下鉄改札前から阪急への階段がこちら。

うーん、なんかすごいな…階段の照らし方とか…案内が暗いのは、いずれ点灯するんでしょうか。

今後の駅改良工事にも注目ですね。

ご覧いただきありがとうございました。


↑ページトップに戻る