190801 新今宮駅北側で進む星野リゾートの建設現場を環状線ホームから

新今宮といえば、全国屈指のアレな地域として知れ渡っていますが、そこに何故か星野リゾートがホテルを建設すると発表したのが2017年。それから2年、新今宮の環状線ホームからは建設現場が一望できますが、槌音がだいぶにぎやかになってきました。


もともとここは市有地で、警察署の建替え中の仮庁舎として使用されていた場所でした。その後は長らく空き地になっていましたが、駅南側のあいりん地区で暴動のおそれがあると、警察の待機所になっていたようです。ホームからここに機動隊のバスが大量に停められているのを見た記憶もあります。

実際、あいりん地区といえば平成になっても暴動があり、阪堺電車の南霞町駅が焼き討ちに合って現在のJR駅の下に移転したことはよく知られた話。

今回ネットニュースを改めて見てみたら、「星野リゾートは新今宮の対義語」などと書いてあるものもあって上手いな、などと思ったり。

ちなみに橋下元大阪市長も売却困難だったことは認めています。

それが大阪市のホテル開発プロポーザルに星野リゾートが応募して、1泊1-3万円の400室級ホテルを建設するとは…

未だに背後には日払いアパートなんかが見えますが。そういえばこのへんでよく見る「ビジタル」ってなんなんでしょう?そういう賃貸物件のシリーズ名なんだとは思いますが、どういう造語なんだ?「ビジ」はともかく「タル」とはいったい?

それはそうと2019年春にいよいよ着工しまして、今はクレーンが大量に空を向いております。

まあこの辺も通天閣やなんばを抱え、あいりん地区が高齢化する中で、山谷同様に簡易宿泊所がバックパッカーの受け入れ施設になっているとはよく聞く話ですが。

まあこういう何でも混ぜ込むというのは、お好み焼き的でらしいっちゃらしいかもしれません。開放感のある眺めはけっこう好きだったんですが、どう変貌するのかも楽しみですね。

ご覧いただきありがとうございました。


↑ページトップに戻る