鶴橋駅正面脇の路上マスク販売、明日から大幅値下げ。売れてないっぽいな…

鶴橋駅の正面入口脇で始まった路上マスク販売ですが、明日4月27日から大幅値下げをするらしいです。口車に載せられて仕入れてみたものの高すぎて全く売れなかったのか、それとも無理に稼ごうとした強欲の果てなのか。


こちら、鶴橋駅のメイン出入り口脇。新聞販売と靴磨きのバラックがマスク販売店舗に変貌したことを、数日前の「全国で行われている路上マスク販売、鶴橋駅は駅正面入口の横で」で取り上げたわけですが…

よく見ると、以前とは変化が。

すごい勢いで「マスク値下げ」の文字。

マスク値下げ」が乱舞しています。

そういや以前は「2500円」という数字だけを見ていて、枚数はよく見ていませんでした。「50枚入りじゃ安すぎるし、40枚入りだろうか」などと勝手に40枚入りだと思っていたのですが…よく見ていなかったのですが。

よく見たら20枚入りで2500円!

1枚125円!

こりゃひどいwww

シャープノマスクが50枚3000円と報道されまくりましたし、それを大きく超える値段はもはや全国的に売れない気がしますね…

ビラんは問い合わせ番号も載っていましたが、隠しています。

販売元は生野コリアンタウンの立ち飲み屋さんだそうです。

ちなみに、この値下げは実は2度めっぽくて。

下は25日の写真ですが…

既にこのとき「値下げ」の文字があるんですよね。

その時はビラは以前と同じだったので、聞いたらわかる方式だったのかもしれません。

この路上マスク販売、全国で広まっているそうですね。報道によれば、中国系のブローカーが商店を回って仕入れするよう売り込んでいるらしいですが…

日本産のシャープノマスクがラインを引いた気がしますし、アベノマスクは伊藤忠と興和という一流企業が中国からにも関わらず不良品続出ですから、品薄でも怪しいマスクには手が伸びにくい気がします。

まあ商店側だってその値段で売りたかったのではないかもしれません。ブローカーにはまともな価格で売り込む者もいればボッタクリな者もあるでしょう。商店側に悪気はなく見通しが甘かっただけかもしれません。商店側がボッタクっているのかもしれませんが…

それにしても、ヘンな世の中になっちまったなあ。

ご覧いただきありがとうございました。


↑ページトップに戻る