近鉄・鶴橋駅で非常ボタンの更新工事中…ずいぶん多くない?

2020年1月30日、近鉄の鶴橋駅を利用したときのこと。ふとホームに気になるものがあるのに気づきました。黒いビニールで隠されたソレは、ホーム上に点々と…っていうか、ずいぶん多いな!たぶん非常ボタンなんですが、数が尋常じゃない。


ということである日の鶴橋駅。

ふと、向かい側の下りホームの柱に何かがあるのに気づきます。

それも、ずいぶんたくさん。

下りホームに移動します。

黒いビニールで覆われた何がしかが、柱に取り付けられています。

これは、きっとあれですね。

ほら、これ。並んでいるのでわかりやすい。非常ボタンの更新工事でしょう。

っていうか、今までこの駅の非常ボタンはこんなのだったのか…

ボタンは丸形。きっと近鉄標準なんでしょうが、他社で見たことあるかなあ?

しかも非常通報装置がこの柱の情報にあるウルトラマンのカラータイマーみたいなやつなんでしょう!?

すげえ、昭和的。すげえ、良い。

でも、緊急用の装置にアルファベット表示すらないのは、外国人観光客が増えた今、ちょっと存在が許されないですよね…

改めて、先程上りホームから見たホーム端に行くと…

やっぱり多いなあ!

旧ボタンのある柱の大半、さらに今まで無かった柱にも設置され、柱の半分程度には非常ボタンが設置されるようです。だいたい10おきでしょうか。

全盛期よりは利用者が減ったとはいえ、近鉄全線でも2番めに利用者の多い駅。安全上少しでも通報を早く…ということでしょうか。あるいは人件費高騰に伴い各ホーム2人ずつ立ち番が削減される前フリなのか。ちょっと気になりますね。

ご覧いただきありがとうございました。


↑ページトップに戻る