190224 南海ラピートによる和歌山市行き列車運行

2月24日、南海50000系ラピートが、団体列車で和歌山市まで運行。通常は入線のない泉佐野以南を走行しました。

この団体列車を走らせたツアーは、2018年11-12月にローソンとのコラボで行われたキャンペーンによるもの。対象商品を500円以上購入すると応募できるものでした。

ということで当日9:30すぎのなんば駅。

2階中央改札に行ってみると…

お、あれはツアーの受付っぽい!

実はこの時点で集合の日時以外の情報が薄く、ダイヤはもちろん催行の有無もよく分からなかったのですが(ツアーの性質上、中止は考えにくいとはいえ)、様子から催行確定ともう少し時間がありそうなことが伺えました。

なので、9:45のサザンで一路みさき公園へ。乗り換えて孝子駅へ向かいます。ちなみに住之江を通過する際、50502Fのみが出やすい位置にいたので、コレがツアー列車になるのでしょうか。

ダイヤについては、昨年運行された泉北ライナー12020系による和歌山市ツアーの時刻を参考に。泉北ライナーは難波10:22初→高石10:40分着・10:50発→尾崎11:20着・11:27発→和歌山市11:47着だったらしいですが、尾崎駅の待避線が使えないので羽倉崎かみさき公園でサザンを退避するものと思われます。

もちろん同じダイヤなら、ですが、なんばの発車時刻はほぼ同じっぽいので信じて孝子駅から約2km、みさき公園第9踏切まで歩いて来ました。

当初はネットで見た、山をバックに引きつけて撮影できる第7踏切にしようかと思ってたのですが、途中で何を思ったのか引き返して真上にインターチェンジのある第9踏切へ。

いや第7で良かったじゃん…ここ山写らないし…

と激しく後悔しながらも、11:35すぎ。なんば10:45発の下りサザンが通過すると、すぐさま列車接近表示器に下り接近表示が。

これは、想定どおりにラピート来た?

でも、上りにも接近表示でてる!

下りサザンは孝子駅付近で和歌山市11:29発の上りサザンと行き違うので、これは被りの危機…!!

よし、なんとか上りサザン通過!そして遠くにラピートの姿が!

あぶなっ!第7踏切でモロ被りしてる!

血迷ったのがタナボタ的に吉と出た!

しかし、喜びに身が震えるあまり、カメラが傾いてる…

まあ撮れただけ幸運だから、良しとしますか。この場所は2017年に開通した右奥に見える第二阪和国道と上をまたぐ孝子ランプで景観が様変わりしました。かつての写真を見ると、奥側は緑また緑だったようで。

隣の第10踏切では親子が撮影をしていました。

こういうのもアリですね。廃レール利用の架線柱もいい味。来てよかった。

ちなみに親子が居た第10踏切の孝子駅側の12号踏切には女性1人、7号踏切の奥の農道に1人と撮影者は少数でした。箱の浦も1時間前に通過した時点で1人居ただけ。撮影者はかなり少なかった印象です。レアとはいえ何度目かにはなる和歌山市入線、それも青いままの編成となれば、あまり興味がそそられなかったんでしょうか?それとも、告知が少なかったので知らない人も居たのでしょうか。

ちなみにこの日のアクセス順は、大阪環状線(西側)・桜島線の撮影地一覧 、
阪急京都線系統の撮影地一覧JR京都線の撮影地一覧阪急神戸線の撮影地一覧、といった順で、「ハローキティはるか」や復帰した「京とれいん」、8000系復刻デザインあたりが人気だったんでしょうか?


さて、泉北ライナーの和歌山市ツアーが運行された際は、上りも団臨での運行でした。それによれば、15時前に和歌山市発車。ただ今回は片道運行で現地解散なのでよく解りません。

とりあえず、孝子駅付近で14時くらいまで時間を潰して、和歌山市へ行ってみます。

和歌山市直前、車庫に停車するラピートが見えました!

編成はやはり50502Fでした。お久しぶり。

14:30すぎ、社員が駅隣りの踏切に2人立ったと思えば、続々と紙袋を持った人々が歩いてきました。

参加者がツアー解散となったようです。

50502Fの隣には「さち」が停めてありました。撮影会に使われたものです。ちなみに「かい」は運用に入っていました。

このあとあちこちで時間を潰しつつ泉佐野駅に16時半まで粘ったのですが、上り回送は来ず…果てしなく疲れたので空港急行で帰りました。上り回送が遅いのは、尾崎駅の火災が影響しているんですかねぇ。

ご覧いただきありがとうございました。


↑ページトップに戻る