【ダイヤのメモ】梅田貨物線の保安列車

連休中に梅田貨物線の運行される保安列車。それを追っかけてみましたが、前日とは違う時間に出発…

とりあえず、その時間等を分かる範囲で記録しました。


梅田貨物線は年末年始・GW・お盆などの期間には貨物列車の大半が運休になり、代わりに保安列車というものが運行されます。わずか数日でも線路にサビが浮くそうで、そうなると線路上に電車がいることで電気的に検知する信号や踏切が作動しなくなるほか、そもそも電車が架線から電気を取って使用したあとの電気をレールを通じて返すことができなくなり走行できなくなるそうな。

ということで、これらの設備が正常に作動するよう、「保安列車」が運行されます。「錆取り列車」「レール磨き列車」ともいうそうな。

梅田貨物線の場合、「はるか」や「くろしお」などの旅客列車が1時間に上下6本走るので必要なさそうにも見えますが、途中の梅田信号所などに旅客列車が通常走らない場所もあるので、そこを走る必要があるようです。

で、2020年1月1日。神崎川橋梁で城東貨物線の保安列車を撮影。すぐに大阪まで歩いて新梅田シティのほうに向かえば、吹田に向かう列車が梅田信号場に到着するところが撮影できると踏んだのですが…

あれれ、もう来ちゃったよ。前日の運行より20分も早い…

列車は真ん中の線路に入りました。

前日はここで城東貨物線の保安列車と並んだのですが…

10分の停車ののち、城東貨物線の方を待たずに出ていってしまいました。

おそらく淀川橋梁ですれ違ったのでしょう。城東貨物線の方はその3分後、前日と同じ時刻にきました。

この列車はここで新大阪方向に折返します。それはまた項を改めて。

(参考:【ダイヤのメモ】城東貨物線の保安列車

そして吹田からの梅田貨物線保安列車の返し。

こちらは前日と同じ。つまり、20分早く吹田について、前日より10分長く停車し、吹田でも10分長く停車していたことに。

こんどは一番東の線路に入っていきました。

そして上下の特急をやりすごした後、12分後に出発していきました。

ちなみに近時は桜島駅に日中留置される車両が使用されているそうですが、桜島線の増発後はどうなるんでしょうね?

【ダイヤのメモ】

回9890M(2019/12/31)
桜島 → 西九条 → 13:17 梅田信号場② 13:18 → 新大阪① 13:25 → 吹田貨物ターミナル

回9890M(2020/1/1、2021/1/1)
桜島① → 12:40 西九条① → 12:58’15 梅田信号場① 13:08 → 1313’30 新大阪① 1314 → 1322 吹田貨物ターミナル(西上着2)

回9891M(2019/12/31・2020/1/1)
吹田貨物ターミナル → 1352 新大阪③ 1353 → 1356 梅田信号場③ 1408 → 1413 西九条(短絡線) 1415 → 1417頃 安治川口(貨物・着発①) 1430頃 → 1433頃 西九条(短絡線) 1441頃 → 安治川口② 1444頃 → 桜島①

回9891M(2020-21年末年始)
吹田貨物ターミナル(西上着2) 1330 → 1335’30 新大阪③ 1336 → 1341’30 梅田信号場③ 1408 → 1413 西九条(短絡線) 1415 → 1420’30 安治川口(貨物・着発①) 1430頃 → 14:34’30 西九条(短絡線) 14:43’45 → 安治川口② → 14:50’30 桜島①

↓こういうのもあるらしい…

回9870M
桜島① 12:45 → ユニバーサルシティ 12:47 → 安治川口 12:49 → 12:51 西九条①

回9871M
西九条① 13:01 → 13:05 安治川口(貨物・着発①) 

回9872M
安治川口(貨物・着発①) 14:01 → 14:06 西九条① 14:10 → 14:14 梅田信号場② 14:15 → 新大阪 14:19 → 14:26 吹貨西(上着②)

回9873M
吹貨西(上着2) 14:40 → 新大阪 14:45 → 梅田信号場 14:49 → 西九条① 14:53 → 安治川口 14:57 → ユニバーサルシティ 14:58 → 桜島① 15:00

※運番が正しいのかどうかはよく知りません

このあとは、梅田信号場を出発したあとに続きます


↑ページトップに戻る