【ヘッドマークのメモ】もみじHM(阪急)

毎年11月を中心に掲出される恒例のヘッドマーク。京都、特に嵐山の紅葉観光を促すためのもの。各本線に数編成と掲出編成が多く、期間も約1ヶ月と長いため、期間限定ヘッドマークの中ではかなり遭遇しやすい。ただ00年台は8~10編成あったのに、10年台半ばには毎年4編成が定着と減少している。

デザインは1~3年ごとにリニューアルされている。2004・05版、2006版、2007版、2008・09版、2010版(2011は同デザインで年号書き換え)、2012版、2013版(2014は同デザインで年号書き換え)、2015~17版、2018版となっている。

春の「さくら」と対になっており、2018年は「さくら」がリーフをあしらったデザインにリニューアルされたのに併せて「もみじ」も同様のリニューアルがなされている。

なお例年、能勢電鉄にも同デザインで掲出される。ただこちらは数が少ない。

期間 2018
2017
2016
2015
2014
2012
11/1(木)~12/2(日)
11/1~11/30
10/31(月)~11/30
11/2(月)~11/30(月)
11/5(水)~11/28(金)
10/25(木)~12/2(日)
運行 神戸線・宝塚線・京都線
編成 2014~18 各線4編成

デザインは2004版、20052012、20132015~17が同じ。

2018

十三駅

梅田駅

2017 塚口

2016

桂駅

洛西口駅

園田駅


参考

「もみじ」(2018年)ヘッドマークを掲出(レールファン阪急、2018.10.26)

「もみじ」(2017年)ヘッドマークを掲出(レールファン阪急、2017.10.31)

「もみじ」(2016年)ヘッドマークを掲出(レールファン阪急、2016.10.31)

「もみじ」(2016年)ヘッドマークを掲出(レールファン阪急、2015.10.28)

「もみじ AUTUMN 2014」ヘッドマークを掲出(レールファン阪急、2014.10.28)


↑ページトップに戻る