モデルナワクチン接種と副反応の記録(①スムーズだった接種時)

先日、モデルナのワクチン1回目を打ちました。副反応は軽かったんですが、ヘンな感じになりまして。珍しいかもしれないので、その際の経過記録を取りました。


自分は職域接種で、7月中旬に1回目を打ちました。

場所は新宿。

会場の超高層ビルはロビーに誰も居ないなど土曜とはいえ閑散としていて、本当に在るのか不安になるレベルでしたが、指定された階に上がると…

おお、本当にありました。

グループ会社のオフィスの会議室が職域接種会場となっていました。

【入室…11:35】

会場は大きく3分割されており、入り口から①待合と受付、②問診と注射、③接種後待機、という形。
待合所は50席ほどの椅子が並べられていましたが、誰も並んでおらず、受付へ。

「接種券はありますか?」

「はい、これです。うちの市、遅くて、昨日届いたんですよ…」

軽く緊張しているせいか、聞かれてもいないことをベラベラ喋る自分。
接種券が遅いのは事実ですけどね…市長室にシャワールーム作ってる場合じゃないだろ…

【問診…11:38】

そのまま隣の問診ブースへ。ここは3レーン用意されていましたが、使われていたのは2レーン。もともと予約が少ない日だった、ってことなんでしょうか。

問診表を事前に書いていたこともあり、あっという間に問診は終了。そのまますぐ隣へ。

【接種…11:40】

「はーい、腕を楽にしてくださいねー」

「…」

「はい、終了です。お疲れ様でしたー」

はやっ。

針が細いので痛くない、とは聞いていましたが、本当ににほとんど痛みがありませんでした。インフルエンザの注射とは比べ物にならなかったですね。

【待機所…11:42】

打ったら、隣の待機所へ。ここで15分の待機が求められます。急性のアナフィラキシーが出た場合にただちに対処できるように。
接種の際には保険証を持ってくるように求められますが、実は接種自体に保険証は必要ありません。あくまで、接種後に搬送された場合に必要となるため、所持を求めているのだそうです。
実際、先週に打った同僚によれば、突然倒れた人が出て騒然となったとか。

ただ、ここまで7分で、ここから15分ですからね。
結果的に、ここが一番密でした(笑)
前週はもっと密だったらしいので、この日はやはり単に予約が少なかったんでしょうね。
着席していなければいけないわけではないので、飽きてトイレや自販機コーナーに行ったりしていましたが、これは会場により大きく違いそうですね。

あと、15分の計時・待機そのものもすべて本人任せでした。な、なんておおらかなんだ…

【退出…12::00】

自販機にアニメ化されたこともある著名キャラクターのラッピングされているのを見て「来客向けなんだろうか…?」などと思っていたら、15分が経過。

誰に報告することもなく、退出してビルを出て、仕事場へ向かいました。
週1しか休日がないけど、ワクチン接種と言えば遅い出社が許されるウチは、ホワイト企業なんだろうな…

副反応が出る夕方以降に続きます。→モデルナワクチン接種と副反応の記録(②接種1週間後、肌が真っ黄色に…)


↑ページトップに戻る