列車から運転士が線路に降りて飛来物を除去する光景

2020年3月16日、風の強い日でした。晴れてたと思えば雹が降る春らしい天気の中、鶴橋駅に列車が来ない。不思議に思って向こうを見ると…駅手前の線路上に列車が停まって、運転士が降りている!?ちょっとびっくりしました。


こちら近鉄の鶴橋駅。「ひのとり」を撮ったりしていたのですが…

良好な晴れの天気が急に曇って急に暗くなり…

雹が降るという春らしさのある荒れた天気でした。

そんな天気なのでどうするかと悩んで居た矢先、下りホームがなんかおかしい。

上本町発の下り急行の予告放送が流れたものの、接近メロディが流れっぱなしで一向に来ないのです。

不審に思って移動してみると…あれ、列車が停車している。ホームもその先も先行列車はなく、停まる理由はないはず…あれ?

おいおい…運転士が降りてる!

なんか拾って…

戻っていきました。

下り坂で停車して運転士が降りるとか、車掌がいるとはいえだいぶ怖い場面だな…

運転士が乗ると、ようやく5分遅れで列車が駅に入ってきました。

助士席側にも乗務員? …いや、違いました。

助士席にあったのは銀色の物体。

バイクか自転車のカバーでしょうか?強風に吹き飛ばされて線路上に落下していたようです。

駅員が二人待機していて、運転士から受け取りました。

たしかにコレの上を走っていたらと思うと、これも怖いですね。

列車は7分遅れで鶴橋を発車していきました。

ご覧いただきありがとうございました。


↑ページトップに戻る