だいぶエグい傷み方をした681系V12編成。これ大丈夫なの?

大阪駅の3・4番ホームに上がって、そこに停まっていたサンダーバード。ちょっと驚きましたね。その傷み方。最近はキレイなリニューアル車が増えているだけに、そのボロさが目を引きました。こいつ、あと3年は走るんだよな…?


ということで目に飛び込んで北光景がこちら↓。

特に目を引いたのが、こちら↓。

うーん、なかなかキてる… 思わず「うぉっ…」とうなりました。
南武線の引退間際103系とかこんな感じだったような…

非貫通先頭車ですが、特に業務用扉の上および客室との間が特に傷んでいます。構造的に弱いんですかね?

写真は681系のV12編成。未リニューアルの3両編成です。

隣にはリニューアル済の683系V36編成が連結されているのですが…

うーん、この輝き。

雲泥の差ですねぇ。

先頭車に行きますと。

先頭もだいぶアレですねぇ。補修の跡がなかなかにして…

きっと2022年末予定の北陸新幹線敦賀延伸時には廃車なのでしょうが、これ、あと2年持つんでしょうかね…?持たせるのでしょうか…

そういえば先行量産車でありますが、681系は廃車が出てますしね…(関連:190912 681系先行量産車が廃車回送?その昼、吹田総合車両所の様子は

その行く末に「大丈夫なの?もつの?」と思った次第でした。

ご覧いただきありがとうございました。


↑ページトップに戻る