京都市営地下鉄・新車デザイン投票の景品が当たった件

2019年3月に決定した地下鉄烏丸線の新車デザイン。それを市民・利用者の投票によって決定するということで、私も投票しました。その後投票したことも忘れかけていた31日、我が家に封筒が投函され。その装丁には…京都市交通局って書いてあるぅー!というお話です。

2019年3月29日、京都市営地下鉄烏丸線の新車デザインが決定しました。それに先立って、デザインを市民や利用者が決めるということで、3月4日から18日にかけて3候補からの投票が行われていました。

その投票では、投票者から抽選で100名に「トラフィカ京カード」という京都市交通局の磁気式プリペイドカードが当たるとされていました。

で、烏丸線新車デザインが発表されて「へー」とか思ってた翌日、家に帰ると、ポストに…

ちょ、なんかあるぅー

京都市交通局…

高速鉄道部高速車両課…(新幹線でも作ってそうだな…)

車両デザイン担当

開けたら…

当選のおしらせー!

トラフィカ京カード入ってたー!

デザインは普通のやつでした。新車デザインとかではないのね…

去年は、毎年JR西日本が実施している「お客様アンケート」も書いてQUOカードが当たったのですが、本当に普通の鉄道要素一切なしのデザインだったんですよね。コストを抑えるために普通のやつを使っているのでしょうか。

しかしこのカードどう使おうかな…京都バスでも使えるようになったので、二ノ瀬や岩倉で叡山電車を撮った後に、国際会館駅や四条河原町に戻るのに使おうかな…

ご覧いただきありがとうございました。


↑ページトップに戻る