緊急事態宣言が出て以降、JR西日本の車両の床がピッカピカになった件

緊急事態宣言が出てもほとんどの日は通勤しているのですが、最近JRの車両に乗ると、妙に床が輝いているような。それもほとんどの車両で。それは、気の所為ではなく、ちゃんと理由があるようです。JRさん、清掃担当者さん、ありがとう。


ある日いつものようにJRに乗ってて、気づいたんですよ。

それが下の写真。

いやすんげーピッカピカだな、と。

それも車両全体の床がキレイ。

207系リニューアル車だし、最近出場したばかりなのかな?

などと思いつつ、次の日。

あ、やっぱりピッカピカ。

これは321系でしょうかね?

環状線に乗っても、221系ピッカピカ。

出場したばかり説は違うようです。

単純に、客が少ないから?

いや、車内をよく見たら、答えが乗っていました。

このご時世に合わせて、清掃を強化してくれているそうです。

時差出勤なので、ガラガラでゆったり座れ、きれいな車内で居心地よく、窓からの風で気持ちがいい。とても快適で、よっぽどスーパーでものを買うときより安全だろうと思うのですが、これも見えないところで努力してくれている人がいるからのようです。

経営的にはキツいでしょうが、ありがとうございます。

ご覧いただきありがとうございました。


↑ページトップに戻る