JR西日本、今まで無かった遅延・運休の事前告知策に出る

最初、何かの誤植かと思いましたもん。

明日2020年1月8日は全国的に荒れ模様だそうですが、心配なのが電車のダイヤ。特にJR西日本は特に安全策を取りがちだし…

そういう状況で、今までにない告知方法を投入してきました。これは、割と目につくかも。


厳密に言えば、「僕が見たこと無かった=僕の休日以外では初」にはなるのですが。

改札を抜けると主要駅には設置が進んだ、運行情報とそれがない場合にその他の告知を兼ねるディスプレイ。

1月7日夜、改札を抜けるとふと目の端に入ったディスプレイに違和感を感じて、よくよく見ると…

遅れている?

いや、なにかおかしい。該当路線が表示されていない。

よくよく見てみたら…

左の理由が表示される欄に、「運転取りやめの可能性あり(翌日)」と書いてあります。で、下のスクロールバーに理由が。すなわち、明日1月8日(水)の早朝、寒冷前線通過の影響で早朝から午前中にかけて、運転見合わせや遅れが発生する可能性が云々。

いや確かにこの画面が表示されていたら自然と見るクセがついている人も少なからずいますし、この画面使うのは正解かも。

ちなみに、写真はいつもの鶴橋駅ですが、大阪駅や尼崎駅でも表示されていました。一斉にこれにしているようですね。

ご覧いただきありがとうございました。


↑ページトップに戻る