尼崎駅に停車中の天理臨で…なにやってるんだこれ?

毎年7月末といえば、「こどもおぢばがえり」のため近畿一円から天理に向け団臨が運行されます。尼崎にて意外な光景に遭遇。


今年もJR・近鉄で多数の臨時列車が運行されましたが、221系による福知山線走行もあったらしいですね。

今年は天理臨のことをすっかり忘れていたのですが(去年は「楽」とかを撮りに行ったのにもかかわらず…)、7/28、たまたま昼前の尼崎駅にいた時、7番線の発車表示が「通過」になっているのを発見。しかも6番のりば神戸方先頭には3人の撮影者。

すわ、これは何か来るじゃんか。慌てて6番のりばに移動すると…

緑の国鉄きたー

なるほどなぁ。すっかり忘れてた…

おや?

通過のはずなのに…

停車したぞ…

ああ、乗務員交代の運転停車ね…いや?それだけじゃない?明らかに私服の人も降りてきて…?

私服の、おそらく天理教の人でしょうか?セブンイレブンの制服の人から何か受け取ってる…

階段上がったところのセブンイレブンから配達してもらったのでしょうか?そんなサービスあるんか…

しかも客用ドアは閉まったままで、乗務員室経由で列車を出入りしていたという…羨ましい話で。去年も思ったけど、天理教輸送部にマジで就職したい

信号はすでに青でしたが、なかなか発車しなかったので前にも回ります。3分くらい停車していました。

運番は「臨4104」でした。

ちなみに何枚か上の後部側の写真を見ると、後部は「臨」が空欄で「 4104」でした。

それにしても、いったい何を配達してもらってたんでしょうね。

見えたのはそれほど大きくない袋ひとつ。上から2枚めにも階段脇にセブンイレブンの人が写っていますが、他に何もなさそうに見えます。

それほど大きくなく、しかし車内で用意されてなきゃいけないもの。先程の写真を拡大してみると…

元禄箸とかでしょうか?弁当用意したけど、箸忘れた!とか…

それで運転停車の尼崎でなら受け取れるかも…と車掌なり添乗員なりが気をまわした?だとしたらイイハナシダナー

この後は吹田での折り返しを撮りにいきます。そこで、小さな先生に出会ったのでした。つづきます。


↑ページトップに戻る