新型271系「はるか」LED行き先表示の再現にチャレンジ(再掲編)

関空特急「はるか」の増結用に登場したJR西日本の新型車両・271系。その側面LEDを見る機会があったので、再現にチャレンジしてみました。「はるか」の独特な字体をLEDのドットで表現しているのがポイントの271系LEDです。

※ちょっとミスがあったので再投稿しています


見たのは先日、某所にて。

公道から停まっている271系が見えました。
側面LEDは「はるか 米原」を表示。

おお、これは!と思ったものの、最近は撮影してブログやSNSにアップすると、シュバってこられてすぐ炎上するという話を聞きました。公道や車内から見えるもんについては別な気もしますが(ならGoogleストリートビューにも文句言わないと…)、せっかくなので、LEDで再現を試みてアップすることにしました。

で、できたのがこちら。画像クリックすると拡大します。

いかがでしょうか?

限られたドット数のLED表示器で281系の種別幕等に表示されている「はるか」のロゴを上手く表示しているように見えます。

ドットは32×160です。225系5000番台や227系と同等なんでしょうか?たぶんドット配置はほぼ正確です。ただ本当は4隅の1ドットはLEDの玉が無いようにも見えましたが、面倒なのでそのままにしてあります。

↓大サイズ

ちなみにドット打ちをするフリーソフトで30分ほど打ち込み、LED表示を作成するフリーソフトに突っ込んで調整しました。色合いは逆光気味なのもあり若干怪しいですが、種別は濃い青地に白字、行き先は黒地に日本語がごく薄い青で英語が白字に見えました。

それっぽく雑に装飾…

早く営業運転するところが見たいですね。

ご覧いただきありがとうございました。


↑ページトップに戻る