190606 大阪環状線・201系引退前日。マスコミも沢山撮影していました

2019年6月7日、大阪環状線から「オレンジの電車」こと201系が引退しました。長らくJRの象徴的存在だっただけに、在阪テレビ局もニュースで大きく報じたわけですが、引退の前日、その素材集めと思しきカメラを何ヶ所かで目撃しました。


この日は201系を撮影するのにどこに行こうかな、と考えていたのですが。

おや、なんか人が見えます。

望遠で覗くと…

なんかテレビカメラがある!

ということで改札を出て阪急百貨店の入り口まで行ってみます。

カンテレのカメラがいました。ちなみにカンテレは隣の天満駅前にあります。

ここで撮るとこうなるわけですね。

なるほど、ニュース素材にはばっちりですね。

一方でこちらは大阪城公園から下城見橋へ向かう、環状線をくぐる路地の入り口。

ここには読売テレビのカメラがいました。

読売テレビは歩いて5分とかからない場所にあります。

仰ぎ見るぶんにはちょうどいい場所ですね。

で、さらに下城見橋にいくと、ここにもカメラがいました。

ここにいるのも読売テレビ。3人で一人は日傘係と大掛かりです。

撮影したのは間違いなく大阪城の前を通る201系でしょう。

こんな感じの。

まだ3ヶ月なんですが、ふと写真を見返して思い出した懐かしい話です。

ご覧いただきありがとうございました。


↑ページトップに戻る