能勢電7201Fに金帯がラッピングされたようです

去る列車と来る列車。

5月18日のイベントで1703Fが引退しますが、代わりとなる7201Fが平野車庫に搬入されました。搬入時の配色は阪急時代と同じだったそうですが、5月16日に平野車庫を覗くと、金帯のラッピング作業中でした。


ということで、こちら平野車庫。

建屋の中にウワサの7201Fが鎮座していました。改造が行われていた正雀から3日前に入線したばかりです。

電源が入っており、エアコンがついているようでした。

ちょうど川西能勢口行きの7200Fが横を抜けて行きます。

側面に脚立にのった作業員の姿が見えますね…

暗いのでなにやっているのかイマイチわからず…明度をあげてみます。

ん?あれは?

ガムテ…じゃなく、金色の帯引っ張ってる!もしかしてラッピングしている最中!?

そういえば7200Fもカラーリングは阪急のまま搬入されて、試運転の途中から金帯やら7200の金文字が貼られたんでしたっけ?カラーリングは同じにするということなんでしょうか。

5月18日の1703F引退イベントで隣に並べてお披露目、しばらく試運転をして投入という流れになるのでしょうか?楽しみですね。

そうそう、肝心の1703Fはお昼寝でした…

ご覧いただきありがとうございました。


↑ページトップに戻る