190211 ダイヤ乱れで新快速・堅田行きが運行される

2019年2月11日、JR京都線・神戸線がダイヤ乱れを起こし、その余波で珍しい新快速・堅田行きが登場しました。

この日の朝に大阪駅停車中の快速列車車内より「焦げ臭い」という通報があったそうで、この列車が45分遅れたのを筆頭に、上り列車を中心に午後までダイヤ乱れが続きました。

ダイヤが乱れると途中駅折り返しになることがよくあります。新快速の堅田行きもたまに走ってるのでしょう。ただ私は新快速堅田行きについては定期列車が無くなって以降初めて見ることができた気がします。

新快速大久保行きや快速宝殿行きは比較的よく見るのですが、それに比べてレアな気がするのはそもそも湖西線経由の新快速が1日10本程度と少ないためでしょうか。

ダイヤ乱れ恒例、新快速は9番のりばにホーム変更となりました。直前にも遅れた新快速がいたので乗客は少なめ。

普通も一部大阪行きに変更になっております。

堅田行きが発車したあとのコンコース案内板。発車したのに、まだ表示されたままです。時計は12時ちょうどなので45分遅れだし…

ちなみにこの翌日、2月12日は環状線にダイヤ乱れがありました。「天王寺で沿線確認」というアナウンスがあり、車内でしばらく待たされたのですが、どうやら駅東側の跨線橋に自殺志願者がいたらしいとのこと。やれやれ…

ご覧いただきありがとうございました。


↑ページトップに戻る



関西の鉄道辞典
関西の鉄道撮影地メモ