JR環状線・鶴橋駅のコンコースを紹介(手配ポスターとか店舗とか)

なぜか定期的にJR鶴橋駅を特集している当サイト。また増えた!JR環状線・鶴橋駅の誤乗換防止の案内に続いては、撮りためた鶴橋駅のいろんな画像を紹介します。

まずは改札へ通じるコンコース。2階部分です。

なかなかむきだしの配管がカッコいいコンコース。右側はもともと飲食店があったはずですが、今は塞がれています。

で、ここには9月になって貼られたポスターが…

富田林脱走犯の等身大手配ポスターですね。けっこう背が低い。つかまったら顔のところに穴を開けて撮影スポットにしてみては(適当)

ちなみに奥の銀扉は駅長室があるらしいです。

そこから東側を見ると、小さな店舗スペースがあるのですが…

手前の店の柱になにか張り紙があります。

ラスクやわらび餅を売っているおじいさんの店ですが、なかなか勢いのあるv文体で閉店を告知していました。

ちなみに奥の店は数年前から「休業」しています。

現在富田林脱走犯のポスターの目線が見ている先には自動改札機1台でブックオフに直結しているのですが、ブックオフになる前は「鶴橋駅デパート」という小商店が連なるショッピングセンターだったそうです。その名残ですね。

ちなみにこのお店、もともとは近鉄旧ホームの例の階段への通路だという都市伝説も…本当かは知りませんが…

旧ホーム

有名な謎の階段

駅側がなにかしているんでしょうか。シャッターが開いていることもありました。入って覗いてみたい…


移動してこちらは内回り側の近鉄改札。

夏の高校野球の時期は、阪神電車各駅では高校野球の満員通知が掲出されますが、近鉄鶴橋の券売機にも掲示されていました。

ちなみにこんな張り紙も。カメラでホームを撮影して安全に関する試験?東急が導入したカメラと非常通報装置を連動するシステムですかね?

ちなみに消火栓についている非常通報装置には立入禁止の掲示が…こんなとこにもボードを使うんですね。


おまけ

こちらは近畿大学に関する専用の案内。近大のオープンキャンパス時や入試時にのみ登場するレア掲示のようです。

イコちゃんが頭を下げる必要はなにも無い気もしますがwww

おしまい


↑ページトップに戻る