180913 阪神尼崎駅の台風被害

阪神の尼崎駅に行った際のこと。ふと向こうのホームに掲示があるのが気になって、何気なく行って見たら…

ファッ!?

となったお話です。

 

阪神尼崎駅の5・6番線ホームでヘッドマークが交換された「さくらとおでかけ山陽電車号」を撮影していたときのこと。

隣の3・4番ホームの駅名標に何やら張り紙が…

なんでしょう?

ちょうど来た普通で隣のホームに移ります。

すると…

なんだ、雨漏りか…

にしてはいっぱいあるけど…

ファッ!?

上を見ると…

うおっ!屋根がねぇ!

完全にめくれた跡があります…

木久扇師匠もびっくりだな…

ちょうどこの位置で南側にあるビル群が切れて川と道路をまたぐ場所になるため、一気に風が抜けたのでしょうか。

よく見たらケーブルを通すやつとか蛍光灯とかもぐにゃぐにゃですね…

これは関係あるのでしょうか?白線がズレまくってます。


北側もビルの「ymart」が吹っ飛んでいました。


ちなみに、建設中の尼崎城天守には大きな損傷はなかったようです。

↓台風前の尼崎城

この尼崎城、エディオンと合併した家電量販店チェーン「ミドリ電化」の創業者が、創業の地尼崎に十数億円を寄付して建設されるようで…ミドリ電化は非上場だったので、株式売却で死ぬほど儲けたんだろうなあ…


↑ページトップに戻る