都内にある東北・上越・北陸新幹線のビュースポットまとめ(その1)

E4系MAXの引退が近いので、お手軽に東北・上越・北陸新幹線を撮影できる場所を探したんですが…いまいち一覧できるサイトが見当たらず。なので、自分でまとめました。新幹線ウォッチにもどうぞ。「その1」は西日暮里駅より南側です。

【その1】

■ 秋葉原駅前バスロータリー

■ 上野駅地下ホーム

■ 日暮里駅ホーム

■ 日暮里駅前(下御院殿橋)

■ 西日暮里駅ホーム

(その2)西日暮里4丁目5付近
(その2)不動坂
(その2)田端聖華保育園裏
(その2)田端駅横の階段

(その3)北とぴあ展望ロビー
(その3)赤羽八幡神社
(その3)北赤羽台4丁目公園


 


 

秋葉原駅前バスロータリー

【メモ】

秋葉原駅前バスロータリーから、上野方向から地上に上がってきたところです。地上から一部とはいえしっかり列車が見えるのは、ここが最も東京駅寄りではないでしょうか?
上り(東京方面)行きは、防音壁があるので窓から下は隠れます。上半分がしっかり見えるのはMAXならではでした。
下り(大宮方面)列車は屋根くらいしか見えません。
東京駅の到着時刻で来る時間をだいたい測れるのが嬉しいですね。


↑ページトップに戻る



 

日暮里駅ホーム




【メモ】

日暮里駅・京浜東北線南行きのホームから。線路が上野駅の地下ホームに潜っていくまさにその場所で、一部防音壁はあるが見やすいですね。ホームが狭いのが難点。


↑ページトップに戻る



 

日暮里駅前跨線橋(下御院殿橋)

【メモ】

日暮里駅北口が面する跨線橋の、駅とは逆側の歩道から。
超有名スポットで、常に誰かしらギャラリーがいます。

歩道のフェンスは、在来線上はやや高め(1.5mくらい)という程度ですが、新幹線の上だけはかなり高くなっています。
そのため、新幹線の上からなら、網目の隙間越しに撮影する必要があり。ただし在来線の上からと比べると全体が見えるのがメリット。上の斜めになっている写真は、フェンスのスキマに合わせてカメラを斜めにしたため。
在来線の上からならフェンスの上から撮れますが、新幹線については地下に潜っていくところのため、東京方面行きは下半分が隠れがち。大宮方面行きの後追いなら見やすいです。


↑ページトップに戻る



 

上野駅地下ホーム

【メモ】

上野駅の地下ホームは方向的に撮影にはあまり向きません。また、折り返しをする東京駅に比べると停車時間が短いのがデメリット。ただ、東京駅に比べると人が少なく、また常に空調が効いているのがメリット。回送を含めて次々と列車が来ますから、ホームで待ちながら列車を眺めるには良い場所ではないでしょうか。


↑ページトップに戻る



 

西日暮里駅

【メモ】

西日暮里駅のホームから。上野方面行きのホーム・日暮里方の端からは新幹線を間近に見られるものの、角度的に全体は感じにくい形になります。
一方で田端方面行きホーム・日暮里方の端からは新幹線の線路は遠くなりますが、後ろの方まで一緒に見えるのがメリットです。

田端方の端からは、かなりの望遠レンズで撮影するのがやっと。


↑ページトップに戻る