撮影地メモ:橋本駅(南海)

南海高野線の運行形態が変わる拠点駅の橋本。JRとの乗換駅でもあるが、駅そのものは島式1面2線で、旅客設備の大半はホーム上か直上に収まり、とてもコンパクト。そのため高野山側はJRしか撮影できないが、なんば側なら。

■ ホーム・高野山方

■ ホーム・なんば方



 

ホーム・高野山方

■上り(なんば方面)列車

■JR和歌山線列車

【メモ】

高野山側のホーム端にはトイレが設置されており、コンパクトな駅を限界まで有効活用している。そのため狭いホームのさらに狭い隙間から高野山方向はほぼ撮影が不可能。

むしろJRの撮影が可能になっている。

・備考:


↑ページトップに戻る



 

ホーム・なんば方

■下り(高野山方面)列車

■上り(なんば方面)列車【後追い】

■JR和歌山線列車

【メモ】

なんば方は高野山方に輪をかけてホームが狭いが、線路を挟んだところにある乗務員詰所への階段があるため、柵は低く撮影はしやすい。奥はカーブで見通しが効かないが、カーブを抜けて踏切やポイントがあるため、少しスペースがある。なんばへの折り返し列車は大抵ポイントを渡るため、6両くらいなら入る。

ちなみにこちらもJRの撮影は可能。

・備考:


留置されている列車も撮影可能。


↑ページトップに戻る


南海高野線の撮影地一覧

難波今宮戎新今宮萩ノ茶屋天下茶屋岸里玉出帝塚山 -(駅間)- 住吉東 – 沢ノ町 – 我孫子前 – (駅間)- 浅香山堺東三国ヶ丘百舌鳥八幡中百舌鳥 (>>泉北線) – 白鷺 – 初芝 – 萩原天神 – 北野田 – 狭山 – 大阪狭山市 – 金剛 – 滝谷千代田河内長野 – 三日市町 – 美加の台 – 千早口 – 天見 – 紀見峠 – 林間田園都市 – 御幸辻 – 橋本 – 紀伊清水 – 学文路 – 九度山 – 高野下 – 下古沢 – 上古沢 – 紀伊細川 – 紀伊神谷 – 極楽橋