撮影地メモ:高野下駅

山間の谷間に広がる交換可能な島式ホームの駅。高野山側はすぐ急曲線の橋、橋本側はすぐトンネルと模型のようなスケール感の風景を列車が行き交う。周辺には有名撮影地もあり、撮って降りて歩いて楽しい場所。ここまでは日中も1時間に2本あるので到達も苦労しない。

■ ホーム・高野山方

■ ホーム・なんば方



 

ホーム・高野山方

■上り(なんば方面)列車

■下り(高野山方面)列車【後追い】

【メモ】

ホームの高野山方は駅の端からカーブとなり、そのまま急カーブへと続いている。なんば方面への列車は基本的に西側の2番線に発着するため、正面をこちらに向けた形で撮影が可能。ただ架線柱があるため、それをかわすには縦向きのほうが良さそう。南向きだが、30000系は流線型なので陽が高ければ問題ないかも。

また、2番線に高野下折り返し列車がいると、高野山からの列車も東側の1番線を使用する。この場合架線柱をよりかわしにくくなる。

・備考:


↑ページトップに戻る



 

ホーム・なんば方

■下り(高野山方面)列車

■上り(なんば方面)列車【後追い】

【メモ】

駅の西側はいきなり山で、すぐトンネルに突入する。トンネル脇の急斜面には家がへばりつくように立っており、秘境感も感じることができる。が、じつは橋本駅から20mしか登っておらず、御幸辻駅よりも標高は下というのが不思議なところ。

ホーム端は構内踏切がある1番線のみ橋本側に少し伸びており、端部に信号機もあるためやや撮影しにくい。2番線から出発する上り列車の後追いならいいのだが。

・備考:


↑ページトップに戻る


南海高野線の撮影地一覧

難波今宮戎新今宮萩ノ茶屋天下茶屋岸里玉出帝塚山 -(駅間)- 住吉東 – 沢ノ町 – 我孫子前 – (駅間)- 浅香山堺東三国ヶ丘百舌鳥八幡中百舌鳥 (>>泉北線) – 白鷺 – 初芝 – 萩原天神 – 北野田 – 狭山 – 大阪狭山市 – 金剛 – 滝谷千代田河内長野 – 三日市町 – 美加の台 – 千早口 – 天見 – 紀見峠 – 林間田園都市 – 御幸辻 – 橋本 – 紀伊清水 – 学文路 – 九度山 – 高野下 – 下古沢 – 上古沢 – 紀伊細川 – 紀伊神谷 – 極楽橋