撮影地メモ:百舌鳥八幡駅

■ 下り(高野山方面)ホーム・高野山方

■ 上り(なんば方面)ホーム・なんば方



 

下り(高野山方面)ホーム・高野山方

■上り(なんば方面)列車

【メモ】

三国ヶ丘から中百舌鳥まで続く直線区間。駅の脇には踏切があり、その障検の向こうを狙うことになる。踏切のおかげで正面に影が落ちにくいのが良い。ただ、ホーム端はかなり狭く、端から1人と離れて柵の右から狙うのが1人というのがせいぜいか。

・撮影方向:
・ 備考 :改札内通路無し


↑ページトップに戻る



 

上り(なんば方面)ホーム・なんば方

■下り(高野山方面)列車

【メモ】

こちらのホーム端はまあまあ広いのだが、目の前に踏切発報機があるため、撮影しにくいのが難点。端ではなく下がって柵の右から撮影するのがベターか。(失敗すると写真のようにホームが入りこむが…)
とはいえ影が落ちやすいなど無理にここというのもない気がするので、下り列車については隣の三国ヶ丘のほうが良いか。

15分おきの普通に加えて泉北準急が停車する(利用者数がかなり少ない部類なのに、なんでr停車駅なんだろう…)ので、そこは便利なところ。

・撮影方向:
・ 備考 :


↑ページトップに戻る


南海高野線の撮影地一覧