撮影地メモ:高師浜駅

■ ホーム・羽衣方



 

ホーム・羽衣方

【メモ】

ホーム端は低い柵になっている。架線柱が浜側にしかないので撮影にはもってこい。奥がカーブなのでできるだけ望遠にしたいが、高架に側壁があるのであまり望遠すると腰部から下が隠れる。引きつければ側面はほぼ写らない=せっかくの「走る!工場夜景」号の側面が見られないが、望遠はほぼ不要。

この付近の敷地は1面2線に増強できるように確保されているらしく、高架下の敷地は奥側から手前へ右方向に広がりを伴っている。そのおかげで建物がなく、単線ホームにありがちな建物で遮られるということが無いのは利点。それにしてもこの広がり部分、開業時から敷地だけ用意されているのだろうか?1946年の米軍写真(国土地理院 地図・空中写真閲覧サービス)では判然としないがやはり線路は無いようにも見える…

・撮影方向:
・ 備考 :高石までは徒歩10分強、伽羅橋までは道路がほぼ並行していて、その先も高架が終わるあたりまで高架脇を歩いていける。天理教からの分派の宗教施設があったりして歩いても面白い。

 


↑ページトップに戻る


南海本線の撮影地一覧

なんば – (今宮戎) – 新今宮 – (萩ノ茶屋) – 天下茶屋岸里玉出粉浜住吉大社住ノ江 – 七道 – 石津川諏訪ノ森 -(駅間)- 浜寺公園 -(駅間)- 羽衣 – 高石 – 北助松 – 松ノ浜 – 泉大津 – 忠岡 – 春木 – 和泉大宮 – 岸和田 – 蛸地蔵 – 貝塚二色浜 – 鶴原 – 井原里 – 泉佐野 – 羽倉崎 – 吉見ノ里 – 岡田浦 – 樽井 -(駅間)- 尾崎鳥取ノ荘 – 箱作 – 淡輪 – みさき公園 -(駅間)- 孝子和歌山大学前 – 紀ノ川 – 和歌山市 – 和歌山港

羽衣 – 伽羅橋 – 高師浜