撮影地メモ:瓢箪山~枚岡(その2)

瓢箪山駅を奈良駅方向に出るとすぐに始まる90度カーブ&上り坂。そのカーブの中間と出口付近にある踏切2箇所で、特に上り列車の撮影に適する。瓢箪山駅からも対して坂を登らずに済むし。

↑ 枚岡駅

(その1) 瓢箪山第1号踏切
(その1) 東大阪市瓢箪山町
(その1) 東大阪市客坊町
(その1) 大阪府民の森・らくらく登山道

その2

■ 瓢箪山第2号踏切

■ 瓢箪山第3号踏切

(その3) 瓢箪山4号踏切
(その3) 瓢箪山5号踏切

↓ 額田駅



 

瓢箪山第2号踏切

■上り(大阪難波方面)列車

■下り(奈良方面)列車

【メモ】

瓢箪山と枚岡とのほぼ真ん中にある踏切。なのでどちらを向いてもカーブの途中。

上下列車ともカーブ外側にあたる東側からの撮影がメインになるか。このうち上り列車がインカーブで、6両ならちょうど良く収まる感じになる。奥に見えている踏切が瓢箪山第3号踏切
下り列車も左側が農地で開いているので、架線柱は入るものの撮影は可能。奥は線路が築堤となるためそれだけ奥が低く、視界が少し開ける。さあ山を登るぞという勢いを感じるような感じないような。

カーブ内側からも、カーブの内側が農地で開けているので撮影は可能。ただし8両以上は奥が隠れる気がする。
この向きも結構気に入っている。なぜなら列車の屋根と山の屋根のラインが同じようなカーブを描くから。

・備考:

◆東側から

大阪難波方向 奈良方向
   

◆西側から

奈良方向 大阪難波方向
 
 


↑ページトップに戻る



 

瓢箪山第3号踏切

■上り(大阪難波方面)列車

■下り(奈良方面)列車

【メモ】

第3号踏切は、カーブの奈良側出口に近い場所にある。やはり撮影するなら外側=東側か。

上り列車は坂を下りながらカーブに入るために頭を振った様を撮影可能。

下り列車は第2号踏切と似たような感じになる。

・備考:瓢箪山からよりも枚岡からアクセスするほうが圧倒的にラク。

◆東側から

大阪難波方向 奈良方向

◆西側から


↑ページトップに戻る



近鉄奈良線の撮影地一覧

阪神なんば線<)- 大阪難波 – 近鉄日本橋 – 大阪上本町 – 鶴橋今里布施 -(>大阪線)- 河内永和河内小阪八戸ノ里若江岩田河内花園東花園 – 瓢箪山 – 枚岡 – 額田 -(駅間)- 石切生駒東生駒 – 富雄 – 学園前菖蒲池 -(京都線<)- 大和西大寺 -(>橿原線)-(駅間)- 新大宮 – 近鉄奈良

近鉄のLED表示が切れないためのシャッタースピードまとめ