撮影地メモ:御陵~京阪山科

■ JRトンネル道踏切

■ 山科墓道踏切

■ 安祥寺道踏切

■ 東山自然緑地(琵琶湖疏水)【別ページ】


京阪京津線の撮影地一覧



 

JRトンネル道踏切

■上り(御陵方面)列車

■下り(浜大津方面)列車

■JR

【メ モ】

JRと京阪が交差する地点の少し東側にある踏切。この踏切から地下へと潜っていく場所でもある。

南側からは地下から直線で上がってくる列車の撮影が可能。

北側からは、三条京阪方面への列車が撮影可能だが、JRとの交差を急なS字カーブで曲がってきての短い直線となり、編成全体は写らないのだが面白い見た目になる。急カーブで速度が遅いので、シャッタースピードをギリギリまで落として撮影しにくい800系のLEDにも対応できる。

すぐ南側にはJRの大築堤があるため、冬の朝夕は影になるかも。踏切名は踏切の南側に築堤を抜けるトンネルがあることから。重厚なレンガトンネルもまた味わい深い。

踏切名に「JR」が入っているというのも珍しい気がする。かつては「国鉄」だったのだろうか?

・撮影方向:
・ 備考 :

◆北側から

浜大津方面  
御陵方面  
 

◆南側から

御陵方面 浜大津方面
 



↑ページトップに戻る



 

山科墓道踏切

■上り(御陵方面)列車

■下り(浜大津方面)列車

【メ モ】

名前の通り、墓地に通じる踏切。というより墓地のためだけの踏切。阪急神戸線にもそんな踏切があったが、あちらとは違い踏切を渡った先に墓地の柵があるのでそこまではいける。

渡った先の北側からの撮影は、4両ならなんとか入る直線。すぐ先が急カーブなので、シャッタースピードをギリギリまで落として撮影しにくい800系のLEDにも対応できる。

南側からはカーブを抜けてきた列車となり、編成の撮影は無理。

・撮影方向:
・ 備考 :

◆北側から

浜大津方面 御陵方面

◆南側から

御陵方面  
 浜大津方面  
 



↑ページトップに戻る



 

安祥寺道踏切

■上り(御陵方面)列車

■下り(浜大津方面)列車

【メ モ】

・撮影方向:
・ 備考 :

◆北側から

浜大津方面 御陵方面
 

◆南側から

御陵方面 浜大津方面
 



↑ページトップに戻る



 

東山自然緑地(琵琶湖疏水)


京阪大津線(京津線・石山坂本線)の撮影地一覧

御陵 -(駅間)- 京阪山科 -(駅間)- 四宮 – 追分 – 大谷 -(駅間)- 上栄町 -(駅間)- 浜大津