撮影地メモ:馬橋駅(JR)

馬橋は流鉄や武蔵野線馬橋支線が合流するため、それらの撮影が可能。

■ ホーム・取手方

■ ホーム・上野方


常磐線・快速の撮影地一覧
常磐線・各駅停車の撮影地一覧


 

ホーム・取手方

■快速線・上り(上野方面)列車

■武蔵野線からの直通列車


■快速線・下り(取手方面)列車





■各駅停車・上り(千代田線方面)列車


■各駅停車・下り(我孫子方面)列車

■流鉄線列車


【メモ】

馬橋駅の取手方からの撮影。ホームドアがあるため対応可能は1-2人。

常磐線快速上りは問題なく撮影可能。信号機が手前にあるため、被らせないようにするにはそこそこの望遠がいる。

武蔵野線馬橋支線からの列車は、駅の先でちょうど坂を降りて地平になる。そこを狙うと足元に機器類がいろいろあって微妙。広角で信号機の被りを容認して撮る方が良い。

・備考:

◆取手方向

 
 


↑ページトップに戻る



 

ホーム・上野方

■快速線・下り(取手方面)列車


■武蔵野線直通列車

■各駅停車・下り(我孫子方面)列車


【メモ】

ホームの上野方も対応可能は1-2人。

快速線下り列車は、間に各停下り・快速上り・馬橋支線からの退避線と計3本のせんろがあるため少し遠い。でも側面を重視したい場合はアリかも。少し奥に高架道路があり、その影が編成中に落ちる。

馬橋支線への列車については、ちょうどホーム端のあたりに常磐線快速からの分岐があるため、信号待ちをしない=待避線に入らない場合は快速下りと同じような形になる。

なお馬橋支線からの線路は常磐線快速上下線との分岐を経たあとも北松戸駅方向へ続いており、馬橋と北松戸との中間付近でもう一度常磐線快速上下線との分岐がある。隅田川・新小岩方向へ向かう貨物列車は信号待ちをする場合は駅から遥か向こうに停車する。下り貨物の写真の奥に写っている貨物列車の後尾が停車中のそれ。

・備考:

◆上野方向

 
 

◆取手方向


↑ページトップに戻る