撮影地メモ:三輪~桜井(その4・大和川南側の農地周辺)

くると三輪〜桜井のうち、中和幹線の南側はまだ線路沿いに農地が残っている。その周囲からの撮影で、やはりメインは農地が両側に広がる勝手踏切脇からになるか。

三輪駅

(その1・三輪駅南側の踏切)
 ・ 三輪踏切
 ・ 金谷踏切

(その2・大和川北側)
 ・ 初瀬街道踏切
 ・ 初瀬川橋梁(右岸下流側)

(その3・初瀬川橋梁南側)
 ・ 初瀬川橋梁(左岸下流側)
 ・ 初瀬川橋梁(左岸上流側)
 ・ 中和幹線下のアンダーパス

(その4・大和川南側の農地周辺)

 ■ 金屋834付近

 ■ 金屋755付近

 ■ 粟殿382付近

(その5)
 ・ 粟殿踏切
 ・ 貯木踏切
 ・ 粟殿18-2付近

(その6)
 ・ 桜井踏切
 ・ 地蔵前踏切

↓桜井駅


桜井線(万葉まほろば線)の撮影地一覧


 

金屋834付近

■奈良方向

■桜井・高田方向

【メモ】

桜井線と中和幹線との交点の南東側には新たに宅地造成された場所がある。造成地は大和川が近いためか周囲より土盛りがされており、線路よりも高くなって目線が車両の屋根と同じくらいになる。その南西端は将来の拡張を見越したのか、道路が途切れるようになっており、低いガードパイプしかないので見通しはとても良い。

難点は架線柱が東側にあること。日が長い時期の早朝は正面・側面順光になるはず…

・備考:

◆桜井・高田方向

◆隣の公園から桜井・高田方向

◆奈良方向


↑ページトップに戻る



 

金屋755付近

■奈良方向

■桜井・高田方向

【メモ】

中和幹線と粟殿踏切の間に農地が広がっているのだが、その真ん中付近に用水路が東西に横切っている。この用水路の片側には徒歩道が沿っており、線路にぶつかる。案の定そこには「線路内立入禁止」の看板があり、勝手踏切であるらしい。もちろんそちらには入らず、西側から撮影。

線路際からだと桜井・高田方向の撮影に適している。奥に桜井と宇陀を隔てる山々が東西に広がる。一方で奈良方向は、夏は夏草の繁茂がおびただしく、視界が遮られる。冬であれば良いかもしれない。線路際だと信号機がかわせるのがメリット。

20mほど線路から離れると、奈良方向の視界が良くなる。三輪山をバックにした撮影がしやすいが、信号機がかかる。奈良・高田方向は農地をどう考えるか次第。

・備考:

◆線路脇から

奈良方向 桜井・高田方向

◆踏切西側少し離れて

奈良方向 桜井・高田方向
 

用水路に沿って道がある

桜井方向から来ると下の角を右


↑ページトップに戻る



 

粟殿382付近

【メモ】

宅地化された場所が線路に面していた。いずれ線路側に家が建つのだろうが…それまでなら側面重視で。

・備考:


↑ページトップに戻る



桜井線(万葉まほろば線)の撮影地一覧