撮影地メモ:和泉砂川駅

市の代表駅にして快速停車駅という結構重要なポジながら、かなりローカル感も強い和泉砂川。戦前には一大観光地だったらしいが、今は日中かなり静か。撮影についてはオーソドックスな地平2面4線で、撮影に問題はない。

■ 下り(和歌山方面)ホーム・和歌山方

■ 上り(天王寺方面)ホーム・和歌山方

■ 上り(天王寺方面)ホーム・天王寺方

■ 下り(和歌山方面)ホーム・天王寺方



 

下り(和歌山方面)ホーム・和歌山方

■上り(天王寺方面)列車

【メモ】

下りホーム端部は柵が昔のままなのだろう、低いのがあるだけ。駅の隣に踏切があるので、障検をかわすには100mm程度の望遠は必要。踏切の先にもまだ構内は続いており広々としている。

下り紀州路快速の直前に上り特急が通過するので、特急を撮ってすぐ紀州路快速に乗れそうなものだが、階段が天王寺寄りにあるため、4両編成の紀州路快速の先頭は60m近く後ろ。乗れずに15分待つことになった。

・備考:


↑ページトップに戻る



 

上り(天王寺方面)ホーム・和歌山方

【メモ】

上りホームの下り側も同じ柵なので撮影は可能。そのまま上り列車に乗りたいときに。

・備考:


↑ページトップに戻る



 

上り(天王寺方面)ホーム・天王寺方

■下り(和歌山方面)列車

【メモ】

一番順光になりやすい向き。ただちょっとクセがある。ホーム端の柵は反対側よりは新しいものの同様に低い。しかし、信号機や停止位置目標などがあってホーム端からの撮影には向いておらず、端から少し下がって望遠を伸ばす必要がある。駅の隣に踏切があるが、ホーム端からやや離れている。おそらくかつては構内踏切があったのであろう。そのため障検にかからないようにするためには望遠は300mmくらい欲しい。あるいは踏切を通過したところを狙うか。

・備考:


↑ページトップに戻る



 

下り(和歌山方面)ホーム・天王寺方

■上り(天王寺方面)列車【後追い】

【メモ】

下りホームの天王寺方も上りホームと同様。架線柱などが本線と副本線との間にないので、正午ごろなら、こっちでも撮影できそう。

・備考:


↑ページトップに戻る



阪和線の撮影地一覧

■阪和線 : (環状線<<) – 天王寺美章園南田辺鶴ケ丘長居我孫子町 -(駅間)- 杉本町 -(駅間)- 浅香堺市三国ケ丘百舌鳥上野芝津久野 – 富木 – 北信太 – 信太山和泉府中 – 久米田 – 下松 – 東岸和田 – 東貝塚 – 和泉橋本 – 東佐野 – 熊取 – 日根野 – 長滝 – 新家 – 和泉砂川 – 和泉鳥取 – 山中渓 – 紀伊 – 六十谷 – 紀伊中ノ島 – 和歌山

■関西空港線 : 日根野りんくうタウン – 関西空港

■羽衣線 : 東羽衣