撮影地メモ:鴫野駅(JR)

■ 学研都市線・大阪方面ホーム・奈良方

■ 学研都市線・大阪方面ホーム・大阪方

■ 仮設2番ホーム・大阪方

■ 仮設2番ホーム・奈良方

■ 旧1番ホーム・大阪方

■ 学研都市線・旧1番ホーム・奈良方



 

学研都市線・大阪方面ホーム・奈良方

■京橋方面列車

【メ モ】

新4番ホームから奈良方向を。インカーブしてくる形にあるが、手前には学研都市線・奈良方面の立体交差が未建設で、現在はもう後部が高架に隠れているはず。

・撮影方向:
・ 備考 :


↑ページトップに戻る



 

学研都市線・大阪方面ホーム・大阪方

■大阪方面列車

■京橋方面列車【後追い】

【メ モ】

木津側の端はあまり見通しが良くないので、京橋方向に向かう列車を撮影するには京橋側の端のほうが良いかもしれない。もちろんホームが入る形にはなるが、インカーブで撮影が可能。(新3番線に列車が来るようになれば被るリスクはあるが…)

端部であれば、振り返って甲種輸送の後追いもできる。

・撮影方向:
・ 備考 :


↑ページトップに戻る



 

仮設2番ホーム・大阪方

■木津方面列車

【メ モ】

学研都市線の撮影としては期間限定となる場所。

かつて学研都市線の木津方面行きは線路北側の1番ホームを使用していたが、2017年2月よりおおさか東線工事の進捗に伴って1番ホームは閉鎖された。学研都市線のホームは、かつて京橋方面ホームであった旧2番乗り場を解体・再整備した上で、旧2番線の上を旧1番のりばの逆側までホームを仮設で拡幅し、線路はそのままに逆側のドアをあける形での使用となった。

この広いホームから、望遠で学研都市線・木津方面の撮影が可能。旧1番のりばよりも正面を向いた形となる。

最終的にはホームを元の幅にもどしておおさか東線・新大阪方面ホームとなり、学研都市線・木津方面は島式逆サイドの3番のりばへ再度移動する。

・撮影方向:
・ 備考 :


↑ページトップに戻る



 

仮設2番ホーム・奈良方

【メ モ】

仮設2番ホームの端からは後追い用となるか。

ご覧の通り、ホームの下から線路(旧2番線)が飛び出している。

・撮影方向:
・ 備考 :


↑ページトップに戻る



旧1番ホーム・大阪方

■大阪方面列車

【メ モ】

旧1番のりばから京橋方向を見る。架線柱はあるがほどよいカーブで撮影しやすかった。

しかし2017年2月より、1番のりばは閉鎖し、今後は解体・再築されるらしい。完成時にはおおさか東線・久宝寺方面列車のホームとなるが、再整備によってホーム端がどうなるかは不明。

・撮影方向:
・ 備考 :


↑ページトップに戻る



 

学研都市線・旧1番ホーム・奈良方


↑ページトップに戻る


学研都市線の撮影地一覧
おおさか東線・城東貨物線の撮影地一覧

北梅田(仮) – (駅間) – 新大阪 – (東淀川) – 南吹田JR淡路 – (駅間) – 城北公園通JR野江 – (駅間) – 鴫野放出高井田中央 – JR河内永和 – JR俊徳道 – JR長瀬衣摺加美北新加美久宝寺
■城東貨物線:衣摺加美北 – (平野) – 百済貨