撮影地メモ:宝塚~生瀬(その1・宝塚駅付近)

宝塚駅と惣川側線との間からの撮影。宝塚駅ホームから始まるカーブと、その終わり付近。南側から上下列車を撮影可能。ここをすぎると大阪平野は終わり、線路の両側から山が迫ってくる。

↑ 宝塚駅

(その1)

■ 溜池踏切

■ 栄町3-5付近

■ 川面5-23付近

(その2)
 ・花の峯住宅地

↓ 生瀬駅


JR宝塚線の撮影地一覧


 

溜池踏切

◆南側から上り(大阪)方面列車

◆南側から下り(新三田)方面列車

【メモ】

駅のすぐ西側にある踏切。

カーブの途中にあり、下り列車はインカーブ。踏切のすぐ脇までホームが続いているが、手前方30mほどは使用されていない。場所柄ホームと一緒に撮ることになるし、中線に折返し列車が停まっていることも多い。

上り列車は編成撮影は難しい。中線があるため長い踏切であり、引けば4両はいけるのだが、中線の信号機が重なってしまう。

・備考:

◆北側から

大阪方向 新三田方向

◆南側から

新三田方向 大阪方向


↑ページトップに戻る



 

栄町3-5付近

◆南側から上り(大阪)方面列車

↓ちょっと西側から

◆南側から下り(新三田)方面列車

【メモ】

踏切の南側から西方向へは、線路に沿って路地がしばらく続いている。高さ1.6mくらいのフェンスまたはコンクリの壁があるだけでなので、ここからも撮影が可能。コインパーキングの脇あたりからだと、上り列車は橋を渡って上下にうねりながら直進するさまや、先頭のみカーブに頭を入れる形の撮影ができる。

もう少し西側のコンクリ壁になったところからだと、ちょうど惣川への分岐があるあたりになる。

・備考:

◆南側から新三田方向

↓ちょっと西側

◆南側から大阪方向

このあたりから、惣川の引き込み線を望むことも可能


↑ページトップに戻る



 

川面5-23付近

◆上り(大阪)方面列車

◆下り(新三田)方面列車

【メモ】

上の栄町5-23付近から地下道を抜けて線路の反対側に、線路に接する小道がある。人がすれ違うのもやっとという道。両端とも同じ道路につながってここを通ると遠回り、特に家の門もないので、わざわざ通る人は散歩の人くらいなものだろう。

惣川の留置線の端にあって、車止め越しに上り列車の撮影ができる。線路の逆側と異なり、こちらの方が線路より高いので撮影がかなりしやすい。

下り列車についてはカーブ内側のため、あまり向いていない。

・備考:

◆新三田方向

◆大阪方向

すぐわきに地下道の入り口がある


↑ページトップに戻る



JR宝塚線の撮影地一覧

宮原操車場付近 – (淀川橋梁)- 大阪塚本 – (駅間)- 尼崎 – (駅間)- 塚口 – (駅間① 駅間②)- 猪名寺 -(駅間① 駅間②)- 伊丹 -(駅間① 駅間②)- 北伊丹 -(駅間① 駅間②)- 川西池田 -(駅間① 駅間②)- 中山寺 -(駅間① 駅間② 駅間③)- 宝塚 -(駅間① 駅間②)- 生瀬西宮名塩 – 武田尾 – 道場 – 三田 – 新三田 –