撮影地メモ:太秦~嵯峨嵐山

■ 歩道橋

■ 東清水踏切

■ 有栖川踏切


嵯峨野線の撮影地一覧


 

歩道橋

■園部方向

■京都方向

【メ モ】

太秦駅のすぐ西側に位置する歩道橋。

線路を渡る部分は、真ん中を境にしてそれぞれ列車が来る側(北側は上り線なので園部側=西側のみ、南側は下り線なので京都側=東側のみ)にのみ高めの壁があり、逆側は低い。そのため逆サイドからの撮影が可能。

ここから西側は地形が低くなるので、西側を向くと向こうの嵐山まで見通しが良い。

東側は掘割で見通しが悪いが、南側にある明らかに古墳っぽい木の盛り上がり=やはり垂箕山古墳(たるみやまこふん)という古墳をバックにしたら面白いのではないだろうか。

・撮影方向:
・ 備考 :

◆園部方向

◆京都方向

 


↑ページトップに戻る



 

東清水踏切

■北側から

■北側から

【メ モ】

太秦駅から徒歩数分の踏切。線路が掘割から築堤に移るところにある。

上り列車については、南側からは視界が狭く障検をかわすことを考えると4両が精一杯か。前パンだとそれもタイミングがシビア。

下り列車は北側の撮影可能スペースが広く、とても撮影しやすい。ただし線路の南側が浅い掘割+民家なので正面が影になりやすい。

なお踏切前後の道が狭く、踏切北側部分のみ広くなっていることから、車の行き違いが行われやすい。

・撮影方向:
・ 備考 :

◆北側から

 園部方向 京都方向 

◆南側から

京都方向 園部方向


↑ページトップに戻る



 

有栖川踏切

■下り(園部方面)列車

【メ モ】

太秦と嵯峨嵐山の概ね中間にある踏切。名前の通り、踏切脇を道路に沿って有栖川が流れている。

視界の狭さや防音壁で撮影はほとんど無理。下り列車については、カメラを掲げてなんとか入ったが…そこまでするほどではないか…

・撮影方向:
・ 備考 :

◆北側から

 京都方向 園部方向 

◆南側から

園部方向 京都方向


↑ページトップに戻る



嵯峨野線の撮影地一覧

京都 -(駅間)- 梅小路京都西 – 丹波口 – 二条円町花園 -(駅間)- 太秦 -(駅間)- 嵯峨嵐山 -(駅間)- 保津峡 -(駅間① 駅間② 駅間③)- 馬堀 -(駅間)- 亀岡 – 並河 – 千代川 – 八木 – 吉富 – 園部 –