撮影地メモ:膳所~大津

撮影可能なのは中間に1カ所ある踏切のみか…?ただカーブの頂点で悪くないかも。

■ 松本踏切



 

松本踏切

■北側から上り列車

■北側から下り列車

■南側から上り列車

■南側から下り列車

【メ モ】

膳所と大津のほぼ中間にある踏切。膳所からの大きなカーブがこの踏切で終わり、大津まで直線となるカーブの出口。そのため北側から膳所方向を見ればカーブをインカーブで、南側から大津方向を見れば直線となる。

北側からは、若干踏切の機器類が視界を塞ぐが、カーブで線路が右に寄ることもあり撮影じたいは問題がない。新快速と多くの普通が通る内側線はインカーブ構図だが、うまく狙わないと12両は後部が切れる。12両入れられたら、かなり迫力が出る。ただし上下線間に1m程度の間隔で黄色い棒が刺さっており、手前はこれが邪魔になるのが難点。
また外側線の貨物列車等については角度的にほとんど後ろが写らずちょっと物足りないかも。

南側からは、大津方向には柱があるため300mm以上の望遠でその左から撮影したい。17両目くらいまでは大津駅から出てきている。その望遠がないならいっそ引いて柱の存在感を小さくした方がよいか。また膳所方向は8両目くらいまでなら架線柱が入るもののインカーブで撮影可能。

・撮影方向:
・ 備考 :

◆北側から

膳所方向 大津方向

◆南側から

大津方向 膳所方向
 
 


たまたま踏切の設備点検をやっていて、遮断機の蓋が開いていた。


踏切前にあったマンホール。大津市の市章っぽいけどちょっと違う、と思ったら、市章の中央下部を図案化した「下」に置き換えている大津市下水道局管理マンホール用のマークらしい。


↑ページトップに戻る



琵琶湖線の撮影地一覧