撮影地メモ:須磨海浜公園~須磨(その3)

須磨駅に近い踏切2つ。狭い踏切で撮影にはなかなか難しい部分がある。それでも狙いようによっては全然あり。

須磨海浜公園駅

 ・(その1)一の手西踏切
 ・(その1)離宮道踏切

 ・(その2)西天神踏切

■ 宿道上踏切

■ 千守踏切

須磨駅


↑その2へ

 

宿道上踏切

■列車線・上り(神戸方面)列車

■電車線・上り(神戸方面)列車

■列車線・下り(姫路方面)列車

■電車線・下り(姫路方面)列車

【メモ】

須磨駅と跨線橋の間にある踏切。2人分の幅くらいしかない狭い踏切で、両側に段差があるので車両もお断り。

上り列車線の列車は、南側から引き気味にしてなんとか後ろまで撮影が可能。

同じく南側から下り列車線は、カーブしながら跨線橋を抜けて、そのまま直線へ。跨線橋を抜ける部分を狙うなら300mmをこえる望遠がほしい。引いて狙うなら前4両くらいまで。

また南側からの電車線は、窮屈ではあるが跨線橋を抜けてこちらをむいたところが狙える。望遠は列車線ほどは必要ない。

北側からは上り電車線なら。遮断器が降りても先の部分に柵がなく、道路と線路敷の境がゆるいのが特徴。

・備考:

◆北側から
神戸方向 姫路方向
 

◆南側から
姫路方向 神戸方向


「やどのみちうえ」って人名みたいな名称だけど、どういう意味なんだろう。


道路から南50mで海岸。海岸からはスマシオが見えるが、防波堤が高いので列車は屋根くらいしか見えない。


↑ページトップに戻る



 

千守踏切

■列車線・上り(神戸方面)列車

■電車線・上り(神戸方面)列車

■列車線・下り(姫路方面)列車

■電車線・下り(姫路方面)列車

【メモ】

須磨駅すぐ東にある踏切。海岸側に住宅があり、一応車も通れる。ただ架線柱や機器類との兼ね合いから、撮影可能なのは北側からの下り電車線と、南側から広角に引きまくって上り列車線がなんとか。

・備考:

◆北側から
神戸方向 姫路方向

◆南側から
姫路方向 神戸方向
 


踏切脇を暗渠で川が流れているが、川の名は「千森川」だった。


マンション前の駐停車禁止表示は数あれど、踏切事故の恐れを理由にするのは極めて珍しいのでは。


↑ページトップに戻る



JR神戸線の撮影地一覧

大阪塚本 -(駅間)- 尼崎 -(駅間)- 立花 -(駅間)- 甲子園口西宮さくら夙川 -(駅間)- 芦屋甲南山手摂津本山住吉六甲道摩耶 – 三ノ宮 – 元町 -(駅間)- 神戸 – 兵庫新長田鷹取須磨海浜公園須磨 -(駅間)- 塩屋 -(滝の茶屋)- 垂水舞子 -(駅間)- 朝霧明石 – 西明石 – 大久保 – (駅間)- 魚住土山 – 

和田岬線兵庫 -(駅間)- 和田岬