撮影地メモ:六甲道駅

■ 上り(大阪方面)ホーム・神戸方

■ 下り(神戸方面)ホーム・神戸方

■ 下り(神戸方面)ホーム・大阪方

■ 上り(大阪方面)ホーム・大阪方



 

上り(大阪方面)ホーム・神戸方

■上り(大阪方面)列車

【メ モ】

・撮影方向:
・ 備考 :


↑ページトップに戻る



 

下り(神戸方面)ホーム・大阪方

■下り(神戸方面)列車
■上り(大阪方面)列車【後追い】

■阪神電車

【メ モ】

神戸方面ホームの大阪方からはカーブを抜けて直線となる内側線列車を撮影可能。内外の間に架線柱があり、内側線もそれが入ってくる。外側線はただでさえ前3両目くらいまでなのに、1両目以外は架線柱が重なる。

この場所は上り列車の後追いに適しており、甲種輸送の際には撮影者が見られる。

またホーム端部にほど近い場所からは、ビル街の隙間を縫って阪神新在家駅のすぐ東側が見える。側壁が高く、列車は1両分の窓上部から上がようやく見える程度だが、背景に神戸製鋼所の巨大な工場、さらに奥には六甲アイランドのガントリークレーンが見え、神戸らしさを感じることができる。

・撮影方向:
・ 備考 :


↑ページトップに戻る



 

下り(神戸方面)ホーム・大阪方

■下り(神戸方面)列車
■上り(大阪方面)列車【後追い】

■阪神電車

【メ モ】

神戸方面ホームの大阪方からはカーブを抜けて直線となる内側線列車を撮影可能。内外の間に架線柱があり、内側線もそれが入ってくる。外側線はただでさえ前3両目くらいまでなのに、1両目以外は架線柱が重なる。

この場所は上り列車の後追いに適しており、甲種輸送の際には撮影者が見られる。

またホーム端部にほど近い場所からは、ビル街の隙間を縫って阪神新在家駅のすぐ東側が見える。側壁が高く、列車は1両分の窓上部から上がようやく見える程度だが、背景に神戸製鋼所の巨大な工場、さらに奥には六甲アイランドのガントリークレーンが見え、神戸らしさを感じることができる。

・撮影方向:
・ 備考 :


↑ページトップに戻る



 

上り(大阪方面)ホーム・大阪方

■上り(大阪方面)列車

【メ モ】

・撮影方向:
・ 備考 :


↑ページトップに戻る


JR神戸線の撮影地一覧