撮影地メモ:梅田信号場の脇

梅田貨物線にある梅田信号場。その西側には道路が並行しており、金網がそれほど高くはないので走行する列車の撮影が可能。大きく分けてグランフロントから新梅田シティへの地下通路の南北2箇所にポイントは別れる。いずれ無くなるので、今のうちに…

↑梅田信号場

■ 中津5丁目

■ 梅田信号場脇・南側(大淀南1丁目)

 ・(その2)浄正橋踏切

野田駅


新大阪 -(駅間)- 梅田信号場 -(駅間① 駅間②)- 野田西九条


 

中津5丁目

■新大阪方向

■新大阪方向(待避線入線)

■西九条方向

■西九条方向(待避線)

【メモ】

梅田信号場は通過線と待避線2本から成っている。通過列車はいちばん西側を、退避・下り行き違い待ち・折返しの列車は中線および東側の線路に発着する。

各線の分岐のちょっと南からの撮影。うめきた新駅の工事も相まって新大阪に向けて線路がS字を描いており、新大阪を向いてはカーブを曲がってくる列車が、西九条を向いてはほぼ正面からやってくる列車が撮影可能。

柵は1.6mくらいで意外に低い。

・備考:グランフロントからの地下通路を抜けると、信号を右に行けばしばらくして線路際に至る

◆新大阪方向(分岐付近)

◆新大阪方向(分岐の南から)

◆西九条方向(分岐付近)

◆西九条方向(分岐の少し南)

↓ポールの台座が脚立代わりになる。
その意図で設置されたのであろう、針金で金網に固定されている


↑ページトップに戻る



 

梅田信号場脇・南側(大淀南1丁目)

■新大阪方向

■西九条方向

【メモ】

大阪駅・グランフロント方面からスカイビルに続く地下道を抜けると、正面にスカイビル正面に出る階段、左手に自転車用のスロープが上がっていく。このスロープを登っていくと、信号場沿いの道路になる。

一番西側の通過列車が通る線路は柵に近すぎるのだが、道路の一番南(西九条方)は柵が直角に折れているので上り通過列車の撮影にちょうどいい。架線柱は3本の線路をひと跨ぎにするので、中線・東側の線路に到着する列車は基本的にどこからでも行ける。

・備考:

◆西側から西九条方向

◆西側から新大阪方向


↑ページトップに戻る



新大阪 -(駅間)- 梅田信号場 -(駅間① 駅間②)- 野田西九条